ロンドンに旅に出ます 〜本編③ 女王エリザベス2世週末の居城ウィンザー城と世界の盗品コレクション大英博物館(2日目後半)〜

ロンドン2日目後半

●ウィンザー城

いったんパディントン駅に戻り、国鉄に乗り換えてウィンザー城を目指します。

P2210113r

ロンドンにいる後輩に聞いたところ、「国鉄」というのは正確な表現ではないかもしれないとのことでした。

新自由主義サッチャー政権下の民営化推進時に、鉄道も民営化されました。

路線毎に別々の会社が運営しています。

ただ、ブランドは National Railで統一し、券売機のみ共通管理するということになっているそうです。

券売機統一はいいですね。

個別の路線の運営は別々で、むしろサービス競い合うくらいで結構結構という感じですが、チケットも買い方・カードも別々とか、不便でしょうがないですもんね。

別々に作って後から互換性持たせるのはもはやシステム会社の策略では?とも思ってしまいますね。

これは変わってて面白いので、聞いてよかった!

ナショナルレールは、直前まで列車到着ホームがわからず、電光掲示板を注意深く見てないといけません。

P2210115r

むしろその方が管理面倒なのでは…笑

P2210122r

乗り換え込みで約30分。

最寄り駅に着くと機関車が!

そう、機関車トーマスのソドー島は架空の島ですが、イギリス北部が舞台だったりします。

トーマス見て育った身の上としては、もっと時間があったら行ってみたかったですね。

P2210129r

ウィンザー城到着!

女王エリザベス2世は週末ウィンザー城で過ごされるようです。

P2210131r

城のてっぺんの旗が普段は英国国旗なのですが、戻ってらっしゃったら王室の旗に変わります。

僕が入城したときは国旗だったのですが、帰りにはなんと王室旗に!

P2220154r

P2220146r

中はと言うとものすごかったです。

王様・女王様が過ごされたという部屋は金ぴかだったり、金ぴかだったり。

諸侯の紋章が天井いっぱいに掲げられた部屋があったり、ゴシック建築の聖堂があったり。

何も伝えられない…笑

写真禁止になった途端に伝えられないのは悲しいですが、まさに百聞は一見に如かずのゴージャスな場所でした。

イメージしていた「ザ・西洋お城」という感じだったのでとても満足。

隠れミッキーも見つけちゃいました!

P2210132r

●大英博物館

いったん宿に戻り、預けていた荷物を受け取りオーナーさんにバイバイ!

P2220163r

アールズコート駅に移動し、ユースホステルにチェックイン。

ここがまたひどかった…笑

日本人の女の子たちも見かけたんですが、イケメンブリティッシュ達とそそくさとクラブに出かけてしまいました世知辛い笑

そんなこんなで、既に意識が朦朧とする中、大英博物館へと向かいました。

到着時に既に18時。

大英博物館は諦めました。

世界初の切手、ビートルズ直筆の歌詞、グーテンベルク活版印刷の印刷物、そしてマルクスが資本論を著した場所…。

残念。

しかし気を取り直して!

P2220169r

金曜日は20:30までやってるので、何とか間に合いました。

ギリシャ、エジプト、アジア、アフリカ等、国や地域、時代別に所狭しと古今東西の美術品、書籍、標本、貨幣等が並べられています。

じっくり見たら何日もかかるところを、超特急で駆け巡ります。

P2220220r

ロゼッタストーン!

コレ見れたらもうおk感がありますね。

エジプトに進軍したフランスが撤退するのに立ち会ったイギリスが持って帰ったとか。

P2220202r

モアイ誰が持ってきたんwww

あれ、これはレプリカ?

ロゼッタストーンも触れるのがあって管理杜撰過ぎわろたwwwと思ったんですが、肝心の本物はガラスケースの中ということでこれも…?

P2220187r

貝。

P2220172r

西洋あるある。

P2220233r

入ってた棺も、中身のミイラも。

何千年も後にイギリスに持ってかれて、しかも日本人のくそガキに写真とられるとか思わんでしょう。

ほんとエジプト生きたいエジプト。

P2220211r

この子もよく見る。

P2220229

シヴァ神。資料集にいらっしゃったような…

P2220186

うっほうっほ。

P2220190r

いいねいいね〜けど甲冑はウォレスコレクションにはかなわない…

P2220195r

意味不明。

あっと言う間の2時間半。

日本で発注したんですが、到着が間に合わなかった本。

日本語版は倍くらいする不思議!

●トラファルガー広場

もうほんとに意識朦朧としてたんですが、せっかくだったのでトラファルガー広場に寄りました。

P2220249r

当時うぇいうぇい言ってたナポレオンとのトラファルガーの海戦。

ネルソン提督率いるイギリス海軍が勝利を収めたことでイギリス上陸を免れた的な?

きっとそう。

●ユースホステル

地下鉄でホステルに戻ります。

駅ではミュージシャンがノリノリで演奏。

みんなうまい!

というのも、構内で演奏できる人はオーディションを通ったライセンス保持者のみなのです。

もめ事があったり、演奏中のミュージシャンが退去命じられたりがあって、それなら管理してしまおうってことになったそうです。

P2220002r

ユースホステル。

何となく海外旅行で安宿と言えば…という思い出どうしても泊まってみたかったんです。

アジアのと違って宿泊費は30£(5000円ちょい)とちょっと高め。

それでアメニティなし、食事なし、ネット予約には書いてたのにWi-Fiも別料金1日5£。

でも他の人と交流できたらいいやん〜プライスレス!

とか思ってたんですが、ほんと体力なくてそれもできず。

それならそうと早く寝ればよかったんですが寝れず。

共用スペースではクラブ帰りの西洋の方々がどんちゃん騒ぎ、数人が寝静まった部屋にはいたずらで駆け込んで来て電気をつける等なかなかうぇーいwwwwでした。

後、部屋のロッカーにスーツケース入らない!

知らない6人が1部屋の二階建て別途×3で眠るわけです。

物騒でしょうがないし、ロクにPC充電放置もできない。

共用シャワーを使うときも入り口近く、目の届くところで守りました。

や〜これこれ、こういうの待ってた笑

という感じでしたが、インドとか旅する度胸はこういう感じにつけていくのでしょう。

トイレもめっちゃ汚く、そして結局ほとんど眠れずこの旅で唯一不快、しかしわざわざ買った不快でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です