4/14(土)開催の技術書典6で2冊出展します!

カエルと空というサークル名で場所は「う46」です。ぜひ遊びに来てください!

興味を持っていただけた方はサークルのチェックリストに登録しておいていただけると助かります。今後の印刷数の参考にします。

『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』

今回の新刊はKnativeについてです。KnativeはKubernetes上でサーバーレスなワークロードを実現するためのパーツ群です。

昨年9月に現職に転職してKubernetesを触り始めたことや、AWS LambdaをはじめとするFaaSやサーバーレスアーキテクチャに興味があり調べてみることにしました。

より詳細な動機はSeverless MeetupでKnativeの話をする機会をいただいた際にまとめています。

Serverless Meetup Tokyo #11 で「入門 Knative 〜KubernetesとServerlessとの出会い〜」を話してきました #serverlesstokyo

自分の大好きなLambdaを実装するための仕組みを学ぶのはとても面白く、今後も検証を続けていく予定です。増補・改定も伴うはず。

今回の本ではKnativeを構成するコンポーネントであるServing、Build、Eventingをサンプルを触りながら基本的な仕組みを理解できるように(自分が理解したい)という思いで書きました。

Knativeは鋭意開発中のため、入稿4日前にガラッと仕様が変わったのに気づいて慌てて一から勉強みたいなのも乗り越えてここまでやってきました。まさしく愛憎劇です。

Kubernetes上に成立つ仕組みなので、最低限Kubernetesの特徴として知っておきたいこともまとめています。

GKEを触りながらぜひKnativeの世界に入門してください!

本の名前はこんな気持ちでつけました。

ついでにこれは愛猫ふわふわくんの様子です。

目次です。

第1章 Knativeの概要
1.1 Knativeの構成要素
1.2 Serving
1.3 Build
1.4 Eventing

第2章 Kubernetes環境の準備

第3章 KubernetesとKnativeの関係
3.1 Kubernetesの基本的思想
3.2 Kubernetesのオートスケール
3.3 Kubernetesの拡張機能

第4章 Knative Serving
4.1 Knativeのインストール
4.1.1 Istioの設定
4.1.2 Knativeの設定
4.2 Configuration
4.3 Revison
4.4 Routes
4.5 Service
4.6 オートスケールの仕組み

第5章 Knative Build
5.1 Build
5.2 BuildTemplate
5.3 Servingと組み合わせる

第6章 Knative Eventing
6.1 Sources
6.2 BrokerとTrigger
6.3 ChannelとSubscription

お値段は前回に引き続きこんな感じです。

  • 最初の100冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとはダウンロードカード: 1000円

実はすでにBOOTHで購入できる状態になっています。

https://toshi0607.booth.pm/items/1309468

当日会場に来れない方や今すぐに読みたい方、お待ちしてます!

『Goで学ぶAWS Lambda 第2版』

技術書典5で出展した既刊の第2版も50部持っていきます。

初版ではS3へのアップロードやログの確認でGUIに移動していましたが、諸々の準備によりコマンドで完結できるようになりましたw

更に、新刊に合わせて表紙も新しくなっています。嫁氏デザイン!

お値段は前回に引き続きこんな感じです。

  • 最初の50冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとはダウンロードカード: 1000円

お陰様で商業版を出版したり、こちらもすでに第2版がBOOTHで購入できる状態になっています。

https://booth.pm/ja/items/1034858

GoとSAMで学ぶAWS Lambda

技術書典5で『Goで学ぶAWS Lambda』を出展します #技術書典

お願い

技術書を書くのは技術を身につけるためです。もし『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』か『Goで学ぶAWS Lambda 第2版』を読んでフィードバックをくださるか宣伝(TwitterでBOOTHのリンク流してくださる程度で大丈夫です)していただける方がいらっしゃれば差し上げます。

ぜひお声がけください。

2018年12月28日に『GoとSAMで学ぶAWS Lambda』が発売します!

内容としては技術書5で書いた『Goで学ぶAWS Lambda』に少し追記したり、いくつかいただいたフィードバックを元に改善したりしたものです。

フィードバックは僕が前々職で営業として働いているときにプログラミングを教えてくれた師匠である@ms2satoさん、前職の同僚である@Shuheiktgwさんにいただきました。

技術書典5の後にインプレスR&Dの山城さんにお声がけいただき、言葉遣い的なところを直していただき複数のプラットフォームでの出版にいたりました。

https://nextpublishing.jp/book/10326.html より

そして表紙を描いてくださったのはわかばちゃんと学ぶシリーズでおなじみの湊川あいさんです。

出版を目前にした今でもお話ししたことはないにもかかわらず、これほどまでに素晴らしいカエルに出会えると思っておらず感動しました。

技術書典5、BOOTHから読んでくださってるみなさん含めありがとうございました。

宣伝媒体

色々と出していただいてます。

同人版

技術書典5の後に出し始めたBOOTHでも先日とうとう50部を超えました。

技術書典5の『Goで学ぶAWS Lambda』の振り返りとフィードバックのお願い #技術書典でも書いているとおりアップデートがあるときは商業版とは別にアップデートは続けます。

句読点の使い方等僕の好きな表現の仕方もあるので、細々とやっていけたらと。

技術書典5、無事終了しましたね!関わられたすべてのみなさんお疲れ様でした。

つぎの出展に備えて振り返りたいと思います。

執筆のモチベーションについては宣伝記事に書いたので、今回はこれからに向けての話を中心に書こうと思います。

技術書典5で『Goで学ぶAWS Lambda』を出展します #技術書典

謝辞

今回は単著やで!と言いつつ、大いに助太刀してくれた2人にまずお礼を言いたいです。

まず前職の同僚@Shuheiktgwさんです。査読でわかりにくい部分を指摘してくれたことで特に2章は大きく構成を見直せました。更にGitHubのリポジトリにもPRをくれ、大きく貢献してくれました。

そして妻です。9月12日時点ではまだ原稿0のようなペースで原稿以外に時間が割けなかったので9/8に「原稿以外のすべてを頼む!!!」と一任(丸投げ)し、締切管理、表紙デザイン、ダウンロードカードデザイン、発注・入稿、当日のチェックリストに基付いたパシリまで何一つ文句も言わずにやってくれました。改めて文字にしてみるとひどい夫や。

それでも、発注してくれた本の開封の儀やイベント当日の売り子を通じて「つぎは書いてみようかな…!」なんて言ってくれるのは心の救いです。ディズニーで打ち上げしてきます。

執筆環境として、TechBoosterさんのTechBooster/ReVIEW-Template@atsushienoatsushieno/vscode-language-reviewを大いに活用させていただきました。ありがとうございます!!

フィードバックが欲しい

今回頒布した『AWS Lambda』は技術書典3の『Extensive Xamarin』で担当したXamarin.Macの章と比べ実装に基づく内容になっています。もっと言えばAWSのアカウントがありGitHubからソースコードを落としてくればそのままデプロイできるものです。

それは、書籍を執筆するとは言いつつも自分が実装する手触りが欲しかったのが1つあります。そして、自分が技術を学ぶときは最低限のルール説明を読んだら掲載したサンプル+αの粒度のコードが読みたいと思うからです。

説明しないと伝わらないソースコードなら書き方がよくないかもしれないし、どうしても必要ならコードコメントでよいのではないかと思います。

けどそれならGitHubにしっかりREADMEを書いて公開して終わりになるし、書籍にする意義が見出せません。結局、GitHubと技術書の間みたいな構成の本になりました。

幸い印刷していた分は売り切れ、ダウンロードカードも購入いただき、BOOTHで販売している分も着実に売上を伸ばしています。

つまり、売れ残った紙本に縛られず思い切って増補改訂ができ、ダウンロードカードのURLを通じて紙本を買ってくださった方にも更新情報をお伝えできる状況です。

そこで、フィードバックをくださる方にダウンロード版(PDF、ePub、MOBI)を差し上げたいと思っています。ぜひ@toshi0607までDMをください。もちろん購入いただく分は止めません。それはそれでとても嬉しいです。

  • 本としてこの形式がありと思うか?
  • ソースコードはわかりやすいか、どうすればわかりやすくなるか?
  • 構成として過不足はあるか?
  • ユースケースから自分でLambdaを利用したアーキテクチャを検討するイメージはわくか?
  • もしあまり触ったことがなければ触りたくなるか?何が辛そうか?

このあたりの感想がほしいです。

僕が欲しかったのは売上ではなく自分の技術力を高めるための言葉だったことに気がつきました。

お金は社が十分供給してくれます。

増補改訂

他の記事でちょっと書いたのですが、目次を考えている段階ではLambdaを活用する上で組み合わせそうな技術要素をもっと盛り込む予定でした。

  • 認証・認可(4章、CognitoとかAutn0とか使う) 
  • サーバーレスSPA(4章、Vue.js)
  • Lambda上でヘッドレスブラウザ使うユースケース(途中まで実装してた)
  • GitHubアサインのSlack通知
  • AWS Serverless Application Repository
  • Kinesisを使うユースケース
  • DLQの設定
  • Alexaスキル系
  • GraphQL(AppSync)
  • SQS(FIFOキュー)のユースケース
  • CQRS(とても実装したかった)

しかし、9月12日の午前段階で3目のユースケースの実装が一通り終わったような状況だったので見送りました。

4章関連とCQRSはやって章も足したい。自分が買ったPDFの技術書の章、気付いたら増えてるとテンション上がりませんか?上がらなくても大丈夫です。

ただ、仕事ではAWSに触れなくなったのでいい感じに共存したいなぁとは思っています。

AppSyncもFargateも触りたい気持ちはあります。

けど、Serverless Conf Tokyoで@marcy_teruiさんのセッションを聞いて、プロダクトそのもの以外の技術系アウトプットの理想形はこういうのだと感じました。

実運用に裏打ちされた教訓が他には無い独特かつ研ぎ澄まされた視点で語られる40分はただただ感動ものでした。

季節性のあるいい感じのアウトプットイベントに一生懸命向き合うこと自体はもちろん価値があるけれど、それが自分が向き合うべき課題の解決に関連するものであれば尚更素晴らしいということです。

逆に関連ない方がよい結果になるかもしれないけれど、やってみないことにはわからないやってみよう。

数字の整理

売上

  • 本 + ダウンロードカード(PDF、ePub、MOBI): 1000円 × 100部 = 100,000円(14時完売)
  • ダウンロードカード: 1000円 × 24枚 = 24,000円
  • BOOTH販売(PDF、ePub。MOBIは希望者に送付、技術書典終了日23時頃オープン): 1000円 × 22 = 22,000円

原価

  • 紙本印刷費(日光企画さん): 30760円
  • ダウンロードカード印刷費(プリスタさん): 940円
  • 技術書典参加費: 7,000円
  • ダイソーで小物(ホワイトボード、テーブルクロス、見本誌台など): 1,000円
  • 人の力

被チェック数

技術書典当日(10/8)最高で127、そこから減って最終的に123。

  • 10/1: 38
  • 10/3: 51
  • 10/4: 57
  • 10/6: 73
  • 10/7: 98
  • 10/8 8:00: 116

何が原因で売れる・売れないが決まるかよくわかりません。

僕は10/1の夜入稿したので、結果的に完売は嬉しかったものの100部刷るのすらだいぶこわかったです。

そのためBOOTH販売に本来紙で買ってくださる方が流れて欲しくなかったので技術書典終了後に開始しました。

ただ言えるのは技術書典で自分のブースに来てくださったお客さんを見ているとやっぱり紙の本が欲しそう。

そしてBOOTHで買ってくださる層(住んでる地域とか紙・電子書籍のスタンスとか)と違ってそう。

まとめるとやっぱりよくわかりません。テーマやサークルの配置によっても変わりそう。

いろいろと考え方はあると思いますが、僕は紙本を余裕をもって売り切ってスッキリした気持ちでつぎの技術書典を目指したいです。執筆やその根底にある技術力向上にフォーカスしたいなぁと思いました。かと言って当日のダウンロードカード販売とBOOTH販売だけ行って紙本をもっていかないのも嫌です。

技術書典は楽しくてしょうがないけれど、技術書典でアウトプットすること自体は自分にとっての目的ではありません。

これからも自分なりのスタンスで向き合っていきたいなぁと思いました。

10/8(月/祝日)開催の技術書典5で『Goで学ぶAWS Lambda』という本を出展します。76ページです。

カエルと空というサークル名で場所は「か76」です。

ぜひ遊びに来てください!!

興味ある方はサークルのチェックリストに登録しておいていただけると助かります。印刷数の参考にします。

本の紹介

Goで実装したAWS Lambdaのユースケースを見ながら開発方法を学んでいく構成になっています。

目次はこんな感じです。

  • 第1章 環境構築
    • anyenv
    • anyenvupdate
    • goenvとGo
    • pyenvとPython
    • aws-cli
    • aws-sam-cli
    • インストールトラブルシューティング
    • direnv
    • dep
    • gig
  • 第2章 S3イベントの活用
    • 概要
    • S3
    • シーケンス
    • フォルダ構成
    • ソースコード
    • テスト
    • デプロイ
    • 削除
  • 第3章 SNSとSQSによるファンアウト
    • 概要
    • SQS
    • SNS
    • シーケンス
    • フォルダ構成
    • ソースコード
    • テスト
    • デプロイ
    • CloudFormationトラブルシューティング
    • 削除
  • 第4章 API GatewayとDynamoDBを使ったURL短縮サービス
    • 概要
    • API Gateway
    • DynamoDB
    • シーケンス
    • フォルダ構成
    • ソースコード
    • テスト
    • LambdaとAPI Gatewayのローカル実行
    • デプロイ
    • DynamoDBのテーブル定義変更
    • 削除

ユースケースは3つです。

3つともSAM(AWS Serverless Application Model)で定義を書いていて、Lambdaはもちろん、関連するAWSのサービスのデプロイはすべてコマンドで完結します。

勢いでシーケンス図も載せてみます。

  • 2章

  • 3章

  • 4章

執筆のモチベーション

Lambda好きや!!!

なんというか、AWS Lambdaがかわいくてしかたがないです。

趣味で触り始め、前職ではC#で書いて本番運用してました。

Rubyがマジョリティな会社でC#を使ってAWS Lambdaの本番運用を開始した話

今のお仕事ではAWSは触らなくなったものの今年に入ってからGoに出会い、Goを書いたら書いたで幸せな気持ちになることができました。

つまり、GoでLambdaを書けばよいのでは?ということで、他の言語に比べたらGoのサンプルも少ないし布教したい!という ~~名目~~ 一心で書いてみることにしました。

ただ、Lambdaの制限はーとか、実行方法はーとか、AWS公式チュートリアルを見ればおしまいなことだけを書いても悲しいのでとにかく実装に寄せることにしました。

よく見るアイコンが並べられたアーキテクチャ の図を眺めてふんふん言ってるのではなくて実装するのです。自分で手を動かすのです。

SAMなりCloudFormationなりも各リソースのプロパティをYAML・JSONで定義すれば終わりでしょうとは言わず、エラーにハマりまくってInfrastructure as codeを体得するのです。

そんな気持ちで書きました。

勉強になるかは知りません。ちょっとでもこのLambda(とGo)への愛情が伝わり、興味を持ち、触るきっかけを掴む方が増えたら嬉しいです。

「技術」書、単著

技術書3の頃にちょうど前職でXamarinでMacアプリを開発していたこともあり、Xamaritansというサークルの『Extensive Xamarin』の出典・販売に携わりました。そして技術書典4では同サークルの本のレビューにちょこっと携わり、当日売り子をさせてもらいました。

技術書典3で『Extensive Xamarin』という同人誌の出展・販売に携わりました

技術書典3で携わった『Extensive Xamarin』が3月に商業出版されました。そして間近な技術書典4

やっぱ技術書典は!書かないと!!寂しいの!!!

というわけで技術書典5の申し込みが開始されてから秒で申し込みました。

ここ半年の社会生活に鑑み単著で、『Extensive Xamarin』では全然技術書っぽい章にできなくて(他の著者はちゃんとした内容でしたよ)不甲斐なかったので思いっっっ切り実装してから書く前提で。

ルールを調べてまとめただけの記事をもう書いてはいけないの!!!

つまりモチベーションはエンジニアとしての愛と憎しみです。

あと年初目標的には年間執筆数があります。

カエルと空

前々職のCMで一時期カエルを使っていたことから今も惰性でカエルグッズを集めています。

机はカエルでいっぱいです。

蛙(かわず)から連想するものの1つに、「井の中の蛙大海を知らず」という諺があるじゃないですか?

一方で、日本の後付けで「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さ(青さ)を知る」というのもあります。

由来の真偽はどうでもいいです。

自分にカエル属性があるかどうでもいいです。

ただ、思い上がるのも卑下するのも時間の無駄で、自分が見識を深めるべきもの、解決すべきものにひたすら向き合うのだという思いがあります。

その象徴としてカエルと空というサークル名にしました。

今向き合うべきはLambdaではない可能性があります。

現在はBOOTHでも頒布中です。

ちょっと前の話になりますが、4月〜5月にかけてメルペイさん主催のGopher道場#1に参加し、2回LTしました。

業務で1〜2週間Go言語を触ったときのなんとも言えない幸福な日々がきっかけでGoもっと書きたい学びたいと思い参加することにしました。

※Go触ってない他の日々が幸福でないとは言ってない

講義を聴き、次の講義が期限(?)の宿題を解きながら、うんうん完全に理解したと思っていたことがいざ手を動かしてみると理解できてないことを実感する、というのを繰り返しました。

Goで作り直すgitignore生成コマンド

宿題は指定仕様のCLIやサーバーを書くものもあれば、hogehoge interfaceの意義など説明する系のものもありました。

その中でio.Writerを調べていると、自分もそれ使って書きたいという気持ちが高まり書いたのがこちらです。

toshi0607/gig

generate (or output) .gitignore using github/gitignore

.gitignoreを生成するためのコマンドです。

Usage:
  gig [OPTIONS] [Language]

Application Options:
  -l, --list      Show list of available language
  -f, --File      Output .gitignore file
  -q, --quiet     Hide stdout
  -v, --version   Show version

Help Options:
  -h, --help      Show this help message

もともとgiboというシェルスクリプトベースのコマンドがあったのですが、

  • git cloneベースでなくて、毎回最新のファイルをgithub/gitignoreから取得したい
  • コマンド書いたことない(Gopher道場の選考課題で初めて書いた)のでGoで一から書いて配布するところまでやってみたい
  • io.Writer interfaceを活用した柔軟な出力差し替えを体験したい

という動機のもとで書きました。

まだ機能比較でもgiboに追いついてないのはありますが、どちらかというとシュッとリリースするためのスクリプトを準備する方が時間がかかった気がします。

https://github.com/toshi0607/gig/tree/master/scripts

このあたりの組み合わせです。

Gopher道場の最終回でLTする時間をいただけたのでお話してきました。

Goのinterfaceを使って外部サービスに依存しないテストを書く

AWS Lambdaが好きなので、今度は何かAPI書いてみようということで書きました。

toshi0607/release-tweeter

API to tweet the latest release tag version using AWS Lambda(Golang) & API Gateway

コマンドをアップデートするときに、そのコマンドのGitHubリポジトリの最新タグを拾ってきてtwitterに投稿してくれると楽だなぁと。

いかにも既存の何かしらだったり、連携機能やサービスで実現されてそうですがその辺は気にせず…

テーマはAWS Lambda使うという大前提がありつつも、

  • API GatewayとAWS Lambdaをローカル実行する
  • SAMのCLI使ってデプロイしてみる
  • direnv使ってみる
  • 外部サービスに依存する部分はモックしてテスト書く

というのを試してみたかったのでそうしました。

その最後の1つについてGopher道場#1 LT大会でお話してきました。

このLTについてはつぎのようなツッコミをいただいてます。

  • 「差し替えたい対象が複数になったら困る」が正しいのであれば、関数使うのがアンチパターンになってしまい、全部interfaceにすればいいよね?ってなる
  • 処理の差し替えであれば関数でいいし、抽象として扱いたいのであればinterfaceにすればいい

処理の差し替えであれば関数でいいし、抽象として扱いたいのであればinterfaceにすればいい、大賛成です。

差し替え対象が複数になっても困りはしないと思いますが、もし差し替えたい処理が増えてバラバラ1つずつ入れ替えないといけない状況になったら依存するサービスごとinterfaceで抽象化してしまった方が見通しいいかもくらいのテンションで当日はお話していました。

ただ、タイトルを「結論」としてinterface使わない方法はよくないみたいな資料の流れになっているのは間違いないので、資料単体で見返したときにも誤解を生まないかという観点でも見直すなり、資料に表現しきれない部分も記事にするなり改善方法はあるなぁと反省しています。

コメントいただけるのはとても嬉しいです。

振り返り

コードを書く

Gopher道場の影響を大きく受け、これも作りたいあれも作りたいみたいな思いが沸くことが増え(?)GitHubの緑化が進みました。

READMEしか直してないみたいな日もありますが、「作りたい!」ありきでその中で試したいこと、テーマがあるくらいのテンションだと愛着も増すし、手も動くのでいい感じです。

コードを読む

(すでにあるかどうかを度外視して)そのとき作りたいものを作ると大体選考実装や要素技術の実装例はGitHubに転がっているので、個人開発の文脈で人のコードを意識的に読む時間が増えた気がします。

これまではtwitterなどで流れてきた人気リポジトリをなんとなくたどることが多かったですが、自分が知りたいことを探しながら追うと吸収度や感情の振れ幅が変わりました。

発信する

これまでMicrosoft系のコミュニティでしか話したことがなかったので、今年はその外で話すというのが隠れ目標でした。
https://speakerdeck.com/toshi0607

発信する内容としては自分が初めて対外LTしたときみたいに特定技術(サービス)の使い方をなぞる系はやりたくないと思っています。

やるメリットももちろんあると思いますが、技術力をつけるという観点では

  • 何かしらの課題を解決すること
  • 何かをテーマに作りきること

を最重視すべきと思っていて、その過程自体や困ったこと、うまくいったことの言語化・発表を通じより前進できると考えます。

5月に行った2つのLTはたとえ入門レベルの内容であったとしても、信念は貫いたのでよい経験をさせていただいたなぁと思っています。

次はgolang.tokyoで発表できるか?と言われたらとてもハードルを感じているのが正直なところなので作りたいもの作るなり、解決したい課題を解決するなり積み重ねていこうと思います。

「こんなことやりたいと思っている」を書くと、書いたことで満足してしまう節がなくはないですが追い込めもするので書いてみようと思います。

Serverlessconf Tokyo 2018

去年参加してとても楽しかったので今年も参加しようと思っています。

ただ、今年はLTしたいなぁと。

CFP受付中ですが、それは尻込みしています…

サーバーレスなアーキテクチャの認証・認可どうやればええねんって思っていて、追っかけてると楽しくなってきたのでその辺の話をする予定です。

もちろんサンプルコードはGoで!

技術書典

前回はレビューと当日の売り子だけ参加で多少寂しかったので、今度はしっかり書きたいなぁと思っています。

技術書典3の『Extensive Xamarin』は強い方々におんぶに抱っこ感がすごかったので、今度はサーバーレスシングルページアプリケーションチュートリアル的な感じで丸っと自分の力で書いてみたい!

rejectされてもnoteで販売するぞ!

6/22の 第6回 Tokyo Jazug Night のLTで登壇してきました。

JAZUG

Japan Azure User Group (通称JAZUG) は、Microsoft Azureを学び、楽しみ、活かす、日本のユーザーグループです。2010/8/26に結成したばかりのコミュニティです。ぜひ、一緒に作っていきましょう。 ちょっと興味がある=ゆるふわな方 から 実ビジネスで使うんだよね な方まで歓迎。 職種はなんでもござれ。 ※プログラマ~企画者、デザイナ歓迎。ゆるふわなコミュニティとお考えください。

発表した資料はこちらです。

connpass JAZUG (Japan Azure User Group) ページより

Azure FunctionsとAWS Lambdaの開発フローの違い

今回、社外・面識のない方が大半の場で登壇するのが初めてでした。そのため、なぜ登壇しようと思ったのか、これからどうしていくのかとかその辺書き残しておこうと思います。

登壇のきっかけ

マネジメント

色々あった気もしますが、根本にあったのは特に技術面での成長に対する不安だったと思います。

営業から業務プログラミングとか0でエンジニアへ転職したのが2015年の1月。

思うように伸びない時期が大半だった気もしますが、2017年4月、正式にロールとしてチームの運営的な部分もやっていくことになり、拍車がかかったというのが大きかったと思います。

当時といってもそんなに時間経ってないですが、こんなことを考えていました。

  • マネジメントも様々な技術分野同様、専門知識のある一分野なのでキャッチアップしないと
  • 業務として純粋にコード書いたりする時間減るかも
  • 技術大してないのにマネジメントってなんというかダサい

マネジメントが技術的成長を妨げるとは全く思ってなくて、技術的に成長していける確認が持てていないタイミングでマネジメントもやる絶望感がただただありました。

インプットの質を高めるためのアウトプット

チームではMicrosoft関連の技術を扱っていて、品川でよく開催されている勉強会にけっこう頻繁に足を運んでいました。

3/25に参加したのがこちら。

.NETラボ 勉強会 2017年3月

.NETラボ 勉強会 2017年3月のまとめ #dotnetlab

後の懇親会で色々と話を伺っていると、雰囲気的に自分も登壇できたらなぁと思いました。

そしてたまたま当日目について記事がこちら。

“ただの興味”がいつか武器になる–及川卓也氏が語る、一流エンジニアのアウトプット法

インプットしないかぎりアウトプットできないので、最初にアウトプットするということを続けていくと、必然的にインプットしなければいけなくなるのです。

僕がよく勉強会で言っているのは、「ライトニングトークは敷居が低いから、とりあえず枠を押さえちゃえ」と。それで手を挙げて、「こういうネタで話そうと思ったけどダメでした」と言っても、やさしい勉強会やコミュニティなら許してくれます(笑)。”>僕がよく勉強会で言っているのは、「ライトニングトークは敷居が低いから、とりあえず枠を押さえちゃえ」と。それで手を挙げて、「こういうネタで話そうと思ったけどダメでした」と言っても、やさしい勉強会やコミュニティなら許してくれます(笑)。

あと、デザインパターン勉強していて、けどなんかしっくり来なくて「どうやって勉強したらいいですか?」って聞くと、

「実際にデザインパターンが必要な必要な開発・シチュエーションに出会って適用すること!」

っていうお話をしていきました。これは登壇のきっかけではないのですが、自分の「技術的成長に対する不安感」の核心なので後でまた触れます。

今度はどこで話すかというお話です。雰囲気的に3月に参加した.NETラボさんでお話できたらなぁと思っていました。

が、毎月第四土曜に開催されるこの勉強会は参加できないことが多く、どうしよう、と…

思っていたときに4/22のGlobal Azure Bootcamp 2017@Tokyoに参加してやっていく気持ちが高まり、5/17のJAZUG女子部 第11回勉強会で今回登壇した第6回 Tokyo Jazug NightにLT枠があると知って(?)20秒くらい悩んで申し込んでみました。

ネタはまだない。

話すネタ

そう、申し込んでみたものの何も決まってない。

そもそも5分のLTってどういうのあるんやろう…

  • 最新情報・動向
  • 新しい技術試してみた
  • 導入したときのtips
  • Deep Dive
  • 俺の作ったサービスを見てくれ
  • なんとなくエモい話

とかとか?形から入ると一番大事な部分、話す内容がない。

折しも社内ではピアレビューというのがある時期。

会社では定期的にマネージャー以外にも近くで仕事をする同僚から良い面と良い面を伸ばすために必要なことを書いてもらう機会があります。

そこでもらったコメントの一部がこうでした。

  • 得意分野ができて技術をインプットするサイクルはうまく作れるようになったと思うので、今度は情報をまとめるだけじゃなくアウトプットを意識するといいと思う。ここで言うアウトプットは社外での発表とかそういうものではなく、ちゃんと技術を形にしたものであるべき。
  • Webアプリ開発などの基礎的なスキルはまだまだ不足していると感じるので、引き続きエンジニアとしてのレベルをトータルで1段あげれるような取り組みはしていったほうがいいと思う。これも勉強会に参加するとかじゃなくて手を動かす時間を取ったほうがいい。

まさに自分が直面している問題の話でそうだなぁと思う一方で、もっと意図が知りたいと思ったのでランチのお時間いただきました。

誤解を恐れつつまとめると

「自分が困った問題の原因を考え抜く、調べきる」

です。

そういうわけで、LTするにしても、LTのためのネタ集めをするのではなく、問題に向き合うことを大前提にすると決めました。

その課題を解決する手段として、今回であればAzure技術を位置付けるような形で話できるのが理想であると。

先ほども少し触れたように「デザインパターンどう勉強したらいいですか」みたいな質問をしてしまう前提として、漠然と自分の打ち手がないことへの不安から何となく教科書的なものを一通りさらっていくような勉強してしまうという自分の弱点があります。

体系的な知識が必要な場面はあるとは思うものの、自分に圧倒的に足りてなかったのは問題そのものに向き合う姿勢でした。

サーバレスアーキテクチャ

今回LTで話したのはAWS Lambdaの話とAzure Functionsの話です。

サーバレスアーキテクチャとか、話は最近よく聞くし、ポップでキャッチーな響きなので登壇後も優しい方々がいいねやリツイートしてくださいました。

もちろん、このLTの準備はサーバレスアーキテクチャに始まっていなくて、メインは

こうだったのが

こうなった

というのが中核です。

アプリへのレスポンスを改善するためにとった手段が最終的にサーバレスアーキテクチャになっただけで、beforeとafterの間に移行のための別アーキテクチャがあったりします。

とはいえ、手段としてのAWS Lambdaの特性を知るためのAzure Functionsの勉強はとても有益でした。

  • 「サーバレスアーキテクチャ」としてメリット・デメリット
  • 制限事項への対応
  • 新機能の意図

は特定のプラットフォームにだけ活きるものではなく、両者に活きるものだからです。

LTのスライドだけ見ると、ちょろっと調べれば何となくまとめられてしまいそうな内容になっています。しかし、最終的な成果物がどういう形であれ、問題に向き合うプロセスは別に形にしたり、こんな風に書き留めておきたいと思っています。

登壇の振り返り

そういうわけで、7/25実施の第7回 Tokyo Jazug NightにLT枠で既に申し込んでいます。

よりよくしていくためにほんのちょっと振り返ります

Good

  • LTに臨む指針ができた
  • 会社でMS関連の技術扱ってることをLT後も含めて伝えられた
  • 他社の方と一緒に何かをやるきっかけができようとしている

Challenge

  • 間違ってる部分があった
    • シーケンス図→会社の人に教えてもらった。修正済み。LTくらいなら先に会社でさっとやってしまうとよさそう
    • Azure Functionsの実行時間は5分から10分に伸びた→LTの準備段階で参考にさせていただいたブログ書いてらっしゃる方のLT資料に対するご指摘。ありがたい。完璧に準備するのは無理なので、指摘もらった点は資料に反映していくようにしよう
  • 緊張しすぎわろた→もうちょい練習しよう
  • 平日準備厳しい→土日に8割方終わらせても平日に残りやり切るの厳しいタイミングもあるので、平日は練習するだけ、練習時に気づいたこと直すくらいに…
  • 変換コネクタ貸してもらえなかったらアウトだった→type C to HDMIしか持ってってなかったけど、端子トゲトゲの青いやつだった。コネクタ買っとくかな…

次回もがんばるぞー

スライドにも書きましたが、この本よかったです。今AWS Lambda始めるならこれ!という感じです。