技術書典7、無事終了しましたね!関わられたすべてのみなさんお疲れ様でした。

つぎの出展に備えて振り返りたいと思います。

本の内容についてはこちらにまとめています。

技術書典7で『Knativeソースコードリーディング』『Knativeの歩き方 第2版』『Goで学ぶAWS Lambda』を出展します #技術書典

Boothでも販売しています!

手にとってくださった方はこちらのページで変更内容をお知らせしていくのでぜひ見てみてください。

『Knativeソースコードリーディング入門』

『Knativeソースコードリーディング入門 〜Knativeで学ぶKubernetesのカスタムリソースとカスタムコントローラー〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Knativeの歩き方』

『Knativeの歩き方 〜KubernetesからServerlessを訪ねて〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Goで学ぶAWS Lambda』

『Goで学ぶAWS Lambda』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

謝辞

今回も妻に編集、表紙、デザイン、サークルカット作成、入稿(本とダウンロードカード)をお願いしました。毎回パワーアップしていてすごい。圧倒的感謝です。

今回はPOPも専用のを作ってもらいました!

執筆環境として、TechBoosterさんのTechBooster/ReVIEW-Template@atsushienoさんのatsushieno/vscode-language-reviewを今回も活用させていただきました。ありがとうございます!!

振り返り

Good

継続

Knativeの歩き方やAWS Lambdaから継続して足を運んでくださる方がいらっしゃって嬉しいと共にホッとしました。

Knative本の続きを読んでみようと思ってくださる方や、カエルと空の本を今回も読んでやろうと思ってくださる方がいらっしゃるのはとても励みになります。

Boothの購入履歴を見ていてもその継続性はたどれたりします。

一方で、過去作読んだがやめとこうと思った方もいらっしゃるはずです。技術力や表現力を磨きながら、手に取ってくださった方によかったなぁ、またつぎも読みたいなぁと思っていただけるようなアウトプットを出せるよう修行していくしかないです。

個人OKR上の成果

今回の原稿の個人OKR上の位置付けは

Objective 1「DIY FaaSのためのKnativeのユースケース、動作の仕組みを理解する」のKey Result 2「Knativeを使ったプロダクトでどう利用されているか説明できる」技術書典7執筆 既刊Knative本アップデートとKey Result 3「Knativeの主要機能の実装方法を説明できる」技術書典7執筆 新刊KubernetesのコントローラーをKnativeで理解するに紐づけていました。

既刊ではKnatieの各コンポーネントに何を足せばDIY FaaSになるのかを章を増やして説明することにしました。これは10月、12月のServelessDaysに向けてストレートにやるべきことだったので、7月のCloud Native Days Tokyo登壇向けて行った調査を踏まえてよい時間を過ごせました。

実装を追った新刊については、Knativeの利用法を追うだけでなく、動作の根本原理を理解したいという思いで書きました。

時間

当初Cloud Native Days Tokyoが終わる7月末〜9/15までで書く予定でした。しかし、8月末に海外登壇に挑戦することになったのと、予想外に準備に時間がかかり9月の2週間で準備 + 執筆することになりました。
それでも

  • 9月の夜の予定をServerless Meetup以外すべてブロックする
  • スマホゲームをクロノ・トリガー以外すべて削除する

などしながら新刊60ページ、既刊アップデートと10数ページ追加を終えたのは確保できた時間でできる精一杯だったかなと思います。

想定時間通りに使えたらよりよい検証、執筆ができたかはわからないです。

Challenge

時間

できる限りのことはしたものの、やっぱりしんどかったのは事実です。内容が自分の好きなことであったとしても余裕がない状態でぶつかり切ると内容に関係なく嫌いになるリスクや燃え尽きるリスクがあります。

今度出展するときはまずOKRに位置付けられる前提で、2ヶ月調査・執筆に割けないなら見送りも検討するとよさそうです。いや、書きたい。

部数

まだ家に送った分が到着してないので正確な数はわからないですが、320部刷って200部くらい残りました。年末にかけてのイベントがあるので多く刷ろうとしていたものの、印刷発注日時点で前回より被チェック数が伸びてない状況で刷りすぎ感がありました。

実際に刷ったのは

  • Knativeソースコードリーディング入門 200部
  • Knativeの歩き方 80部
  • Lambda本 40部

でしたが、Knativeソースコードリーディング入門は100部でよかったです。前回歩き方を手に取ってくださった方の人数に鑑みさすがに200はない…!他の本はほんの少し少なめでもよかったかもくらいでした。

発注時点で平和な気持ちでいられるくらいの気持ちの余裕が必要です。

数字は記事下の方にまとめます。

ServerlessDays Tokyo/Fukuokaでも頒布します!!!

頒布情報

書ける部分も書くの遅かったかもと思っています。頒布情報に限らず、サークルの数も増える中でいかに自分の出展情報にたどり着いていただくかは悩みどころですね。

ただ、Knativeを知りたい気持ちがある方がたどり着くのに十分な情報はTwitterで発信してると思い込んでいます。力を入れるにしても、普段からKnative自体を知る人が増え、面白いので一緒に勉強してみたいと思う人を増やして盛り上げてく方がいいのかなと思います。

「OAuth」「DNS」「AWS」「Kubernetes」「Knative」みたいな並べ方をしたときにKnativeでうおーってなる人の数は他よりずっとずっとずっと少ないですよね。その分Knativeの人として認知されやすいかもしれませんが、それでも母数が厳しいです。

今後

直近は『実践Knative』という本があったときに入ってそうな内容は見ていきたいなぁと思っています。個人のOKR上では年内にDIY FaaSを(Knativeで)作るということになっています。

そのプラットフォームがある前提で

  • 独自に構築したプラットフォームのユースケース(Knative単体ではなくて、そのプラットフォームでどんなアーキテクチャが実現できてどんな課題を解決できるのか)
  • 運用・監視
  • 開発フロ
  • プラットフォームのデバッグ
  • 権限管理

などの全体的な見通しを示せないと、仕事で使うなり、現実世界の問題を解決するプロジェクト・プロダクトであるということを示したりできないと思っています。

また、そもそもIstio(をはじめゲートウェイコンポーネントとして依存するもの)やKubernetes自体の知見なしに存在するプラットフォームではないのでその観点から自分の知識・経験は強化して臨む必要もあります。

KnativeのServingはRC2ということでGAも遠くはない状況なので、つぎの技術書典の頃にはきっとGAし、Knativeベースのプロダクトの数も今よりきっと増え、プロダクション利用も増えてるかもしれませんね。

本のテーマはOKRや自身が詳しくなっていきたい分野にすると決めているので、年明けくらいにまたその直近の3ヶ月、その後の技術書典が含まれるであろう3ヶ月のテーマと決めようと思います。

あと、今回のようなOSSを触るときに、リリースノートに載る程度主要な機能を追加できるようになりたいと強く思います。

数字の整理

売上

現金

内訳は後日!
現金: 47000円

後払い

  • Knativeの歩き方 第2版: 21冊
  • Goで学ぶAWS Lambda 第2版: 7冊
  • Knativeソースコードリーディング入門: 42冊

1000円 × 70部 = 70,000円

Booth

9/17〜9/23分

  • Knativeの歩き方 第2版: 12冊
  • Goで学ぶAWS Lambda 第2版: 3冊
  • Knativeソースコードリーディング入門: 13冊

1000円 × 28部 + 優しさ1500円 = 29,500円

原価

  • 本印刷: 79240円
  • 参加費(パトロン): 20000円
  • ダウンロードカード印刷: 940円

被チェック数

  • 8/26 6
  • 8/27 9:00 14
  • 8/28 23:00 21
  • 8/31 23:00 23
  • 9/3 0:20 26
  • 9/5 29
  • 9/6 11:00 29
  • 9/7 12:00 30
  • 9/9 19:00 34
  • 9/10 23:00 38
  • 9/13 23:00 41
  • 9/14 23:00 44
  • 9/16 23:00 46 印刷発注日
  • 9/17 23:00 53
  • 9/18 23:00 58
  • 9/20 23:00 64
  • 9/21 23:00 74
  • 9/22 7:50 79
  • 9/22 11:00 87
  • 9/22 11:50 90
  • 9/23 18:30 99

技術書典6の数字はこちら

技術書典5の数字はこちら

2019年9月22日(日)開催の技術書典7で3冊出展します!

カエルと空というサークル名で場所は「お12C」です。ぜひ遊びに来てください!

興味を持っていただけた方はサークルのチェックリストに登録しておいていただけると助かります。今後の印刷数の参考にします。

『Knativeソースコードリーディング入門 Knativeで学ぶKubernetesのカスタムリソースとカスタムコントローラー』

今回の新刊はKnativeの実装についてです。Knativeの仕組みをより深く追おうとすると必ずKubernetesのカスタムリソースやカスタムコントローラーの話が出てきます。

以前mercari.goで発表した内容をより詳細にコード参照しながら解説します!

目次です。

第1章 KnativeとKuberentesの関係
1.1 Kubernetesの概要
1.2 Kubernetesの拡張方法
1.3 Knative の概要

第2章 KubernetesのAPI
2.1 APIサーバーの責務
2.2 Kind
2.3 APIグループ
2.4 バージョン
2.5 リソースとサブリソース
2.6 APIリクエストの処理フロー

第3章 APIクライアント
3.1 client-go
3.2 Object
3.2.1 TypeMeta
3.2.2 ObjectMeta
3.2.3 Spec
3.2.4 Status
3.3 ClientSet
3.4 Informer
3.5 APIMachinery
3.5.1 Scheme
3.5.2 RESTMapper

第4章 カスタムリソース
4.1 CR
4.2 CRD
4.2.1 categories
4.2.2 shortNames
4.2.3 subresources
4.2.4 additionalPrinterColumns

お値段は前回に引き続きこんな感じです。

  • 最初の200冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとはダウンロードカード: 1000円

実はすでにBOOTHで購入できる状態になっています。

https://toshi0607.booth.pm/items/1568456

当日会場に来れない方や今すぐに読みたい方、お待ちしてます!

正誤表や増補改訂情報ページはこちらです。

『Knativeソースコードリーディング入門 〜Knativeで学ぶKubernetesのカスタムリソースとカスタムコントローラー〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』

既刊をパワーアップしてお届けします!

一番大きな更新ポイント(章追加)は「Knative Lambda RuntimesとOpenFaaSのWatchdogから学ぶ、KnativeとFaaSプラットフォームの間を埋めるもの」です!

Knativeの概要記事は多いものの、それを実際どう活用してプラットフォームを構築するのかという話はそれほど出てないのではないかと思います。

本書ではその辺を見つつ解説します。

初版時点ではv0.5だったKnativeも今やv0.8、v0.9やGAも間近なのでアップデートもしました。

Buildが廃止されTektonに引き継がれた点も触れています。

こちらもすでにBOOTHで購入できる状態になっています。

https://toshi0607.booth.pm/items/1309468

すでにBoothやダウンロードカードセットで初版をご購入いただいている方も購入ページやダウンロードURLからダウンロードできるできるようになっています。

ボリュームも増えているので、ぜひお読みになってください。

  • 最初の70冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとはダウンロードカード: 1000円

正誤表や増補改訂情報ページはこちらです。

『Knativeの歩き方 〜KubernetesからServerlessを訪ねて〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Goで学ぶAWS Lambda 第2版』

技術書典5で出展した既刊の第2版も50部持っていきます。

  • 最初の30冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとは紙本: 1000円

お陰様で商業版を出版したり、こちらもすでに第2版がBOOTHで購入できる状態になっています。

https://booth.pm/ja/items/1034858

GoとSAMで学ぶAWS Lambda

ServerlessDays Tokyo 2019

ServerlessDays Tokyo 2019では僕が講師を務めるKnativeハンズオンを実施予定です。

そちらも奮ってご参加ください!

このページでは『Knativeソースコードリーディング入門 〜Knativeで学ぶKubernetesのカスタムリソースとカスタムコントローラー〜』の正誤表と増補・改訂をお知らせします。

この本を手にとってくださった方がちょっとでも選んでよかったと思う本に育てていきたいので、章の追加なども楽しみにしていてください。

引き続きフィードバックお待ちしてます!@toshi0607

更新情報や新刊情報もこのアカウントでつぶやきます。

正誤表

ダウンロードカード経由の方は

PDFページ PDF反映 ePub版反映 MOBI版反映 修正日 version
44 カスタムコントーラー カスタムコントローラー

増補・改訂

PDFページ 内容 PDF反映 ePub版反映 MOBI版反映 修正日

リソース

CloudNative Days Tokyo 2019で登壇してきました。振り返ります。

発表資料はこちらです。

なぜプロポーザルが必要なカンファレンスに登壇するか

今回の登壇は初めてCFPに対してプロポーザルを提出し、審査を経たものでした。

なぜプロポーザルを提出する系のカンファレンスで登壇をしたいと思ったのかについては2019年1月に遡ります。

目標を立てるにあたって昨年は登壇回数を指標にしていました。それももちろん意味はあるのですが、

「自分はこれを喋る」というのを明確に定めた上で検証、準備し、そのテーマに興味のある人にダイレクトに話を届け、問い、フィードバックを得て自身の学習サイクルやスキルを向上させる

というのが意義だと思っています。

それで日々お世話になっているコミュニティへの貢献だったり、仕事で生み出す価値の質が上がれば言うことはありません。

2018年の振り返りと2019年の目標 〜何かしらCFP出すぞ!〜

そのため、今年は登壇回数ではなくてCFPを4ヶ月に1回出してみるというものに習慣目標を変更しました。

その後またOKRの運用を始め方針が変わったものの、プロポーザルの内容がOKRでより具体的になる感じなので両立できそうです。

2019年4〜6月ふりかえり 〜個人OKR運用開始〜

テーマの選定

プロポーザルとして提出したのはこんな文章 + αでした。

講演タイトル – Abstract Title

(最大50文字)受講者の目を引くようなるべく具体的なテクノロジー名を含めることをおすすめします

Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャ

講演内容 – Abstract

(200文字程度)どんな人に向けた講演かこの講演によって受講者がどんな情報を得られるかを含めることをおすすめします

Kubernetes(K8s)上でサーバーレスアーキテクチャを実現するKnativeが何を解決するのかを構成するコンポーネントやユースケースを交えて紹介します。
本講演は次のような方を対象にしています。
・Knativeがなんなのか、k8sとどのような関係にあるのか、どういう仕組みなのかを知りたい
・K8s上でもサーバーレスアーキテクチャを実現したい
・K8s上のアプリケーションの開発・運用負荷を下げ、機能開発により集中したい

なぜKnativeをテーマにするのかについてはこれまでのServerless Meetup、mercari.go、技術書典6など折に触れて書いてきました。

  • みんな大好きLambda奴を自分で実装できるっぽい
  • Kubernetes詳しくならざるを得ない状況を作れる

からです。

Serverless Meetup Tokyo #11 で「入門 Knative 〜KubernetesとServerlessとの出会い〜」を話してきました #serverlesstokyo

1〜2月にKubernetes完全ガイドでK8sに入門し、2月にk8s source code reading #1に参加してみてちょうどCFPの話があったので応募してみることにしました。

提出時点ではまだKnativeに触ったことはなかったものの、5ヶ月くらい準備があり、継続して学びたいテーマであるため「自分がこの5ヶ月で理解したいこと」をプロポーザルに書くことにしました。

準備

主に準備すべきことはプロポーザルに書いたこの3つです。

①Knativeがなんなのか、k8sとどのような関係にあるのか、どういう仕組みなのか
②K8s上でもサーバーレスアーキテクチャを実現するにはどうしたらいいのか
③K8s上のアプリケーションの開発・運用負荷を下げ、機能開発により集中するにはどうしたらいいのか

①についてはServerless Meetup、mercari.go、技術書典6で調べていたのでアップデート分を調べつつ、直近の2週間では②、③を中心に検証したり調べたりしました。

特にユースケースについてREADME以上のことに触れられていなかったので、「③を実現するサーバーレスアーキテクチャを実現するためのプラットフォームを構築する」という観点でtriggermesh/knative-lambda-runtimeやOpenFaaSを調べました。

振り返り

OKR

CNDTは個人OKRを達成する上で重要な位置付けにありました。Objective2は家庭面なので、CNDTの位置付けが明示されているObjective1について振り返ります。

Objective 1

DIY FaaSのためのKnativeのユースケース、動作の仕組みを理解する

Key Result 1

どんな課題に対してどう使うのかを説明できる

  • CloudNative Days Tokyo 2019 登壇
    -> コンテナベースのアプリケーションを開発するにあたり、各ユースケースがどんな課題を解決するのかを意識して説明するようにしました。

K8sでサーバーレスをやる意義の中でKnativeがK8sとサーバーレスをどう捉えているか述べた上で説明した(つもりな)のでよかったんじゃないかと思います。

  • ServerlessDays Melbourne 登壇
Key Result 2

Knativeを使ったプロダクトでどう利用されているか説明できる

  • CloudNative Days Tokyo 2019 登壇
    • Knative Lambda Runtime

-> これは今回の登壇で一番伝えたかった部分です。FaaSをDIYする上でのリファレンスアーキテクチャの思想や設計を調べるのは楽しかったし、一般化できたのは大きな進捗でした。

スライドの図 + コードを見ながら具体的に追っていくことがさらに理解を促し、自分で作る上でも意義があると思うので下に書いてあるKnative本で実現しようと思っています。

  • 技術書典7執筆 既刊Knative本アップデート
    • Pivotal Function Service
    • OpenFaaS functions on knative
  • 何かCloud Runの話できる機会があれば
Key Result 3

Knativeの主要機能の実装方法を説明できる

-> CNDTの文脈ではかすりませんでした。

mercari.goの反省を踏まえて

6月に登壇した mercari.go #8での反省を踏まえて次のようなことを意識してCNDTの準備を行いたいと書いていました。

mercari.go ♯8で『Goで学ぶKnative』を話してきました #mercarigo

人に事前に2回聞いてもらい、軌道修正する

  • 今月(6月)中に目処を添えてお願いする

-> 何もかもできませんでした。事前に見て欲しいのは

  • 道徳、コンプラ、セキュリティ面でアウトなことがないか
  • 人に聴いてもらって感想をもらったら大体気づきが得られる

という目的があったと思います。

  • 割とこれまで話したことが多い
  • 書籍などこれまでのアウトプットに対してもらったフィードバックやこれまでの登壇のフィードバックを盛り込んでいる

などがあり「事前」にそこまでこだわらなくてもいいかもと思い始めました。

ただ、OKRを決めて集中すべきことを絞るのはギリギリまで資料作りに追われるようなスケジュールにしないという意図もあるので、何かの登壇前には一度やってみようと思っています。

やってみた上でスタイルは決めたいです。

あと事後的な感想はまだ間に合いそうなので聞きに行ってみます。

テーマである「解決する課題」を明確にして関係するユースケースを話す

  • デモとかするにしても何のためにやって何を見て欲しいかを明確にする

-> けっこう久々にデモしました。「簡単さ」「手軽さ」みたいなものを伝えるならmanifestファイルをkubectlで適用するのではなくて、knコマンドなど直接それらを触らない形で見せられるとよかったのかもと思っています。

漠然と機能や実装を追わず検証のゴールを先に決める

  • つぎの土日は項目出しのためにグダグダ調べていい
  • ただしその後は集中すべきことに集中する。やすみやすみ!

-> 今回は何か作業する前にリスト作ってそれに集中するというのを意識的にやった気がします。それも含めた管理にNotionが適していたので使い始めました。

Good

プロポーザル出した

第一歩を踏み出せたことはよかったなぁと思います。

調べたかったことを調べて理解できた

K8s上でFaaSをどうやったら作れるか?の具体的なイメージがわく程度に調べることができてよかったです。

ただ、その主要な調査自体は1日だったので、Objectiveを達成するためにもっと近道しようと思えばできるということは意識しておきたいです。早く切り上げてより難しいことや他のことをやりたくなったとき向けに。

準備プロセスの改善

やる作業のスコープを定めて集中するのと調べる項目を洗い出すのに時間をとるのはよかったです。

とはいえ調べてる途中でも項目は変わるので、アウトプットも1つのプロダクトと思ってアジャイルしますかー

Challenge

前見て喋ろう

DEMOもするのでマイク固定で話していたら前傾して前を見れないし、反応見れないしでけっこう不安なまま突っ切った感があります。

固定できても必要なときだけホルダーに置き、基本は持つようにします。

あと今回せっかくピンマイクも使えたのに普段と違う設備でやるのが不安で避けましたが多分使えたら使うのがベストプラクティスっぽい。

後ろからDemo画面見よう

大きめにしてたけどDemo画面後ろまで見えてたかわからぬ…

スクリーンに表示して後ろから見て調整するようにします。人から今どう見えてるのかは把握しときたい。

分量

セッション枠に対してゆとりある分量にしてゆっくり喋りたい。

とりあえず資料作って読み上げたら40分枠に対して50分以上かかりました。そこから内容を削り、練習では最終的に43分くらい。本番も42分半。アウトです。

詰め込めるように練習してなんとか時間を短縮したのもあって、本番を想像すると近況が余計に増すのが何より厳しかったです。

時間が余りそうなら余りそうで不安だとは思いますけどね。

「ゆっくり話して収まるように思い切って削る」を次はやります。

セルフログミー

Serverless Meetupの登壇資料とログミーさんから出た記事の媒体の反響の差分は資料単体の拙さだったり、コンテキストの差だと思います。

今回の登壇準備で得た知見はコードを追いながら文字で説明したい部分が特に重要な箇所だったので自分でやってみようと思いました。

それがそのままKnativeの既刊に追加されそう…

表面的

技術的深掘りがREADMEから抜け出せてない感がまだまだ強いです。

今回いただいたフィードバックの観点や実装面で深掘りして新刊を出すので、そこでもう少しなんとかしたいです。

それでもアウトプットの機会を経るごとに理解できたと思うことは増えているのは思うので、理解しようとするスコープを定めて着実に進んでいこうと思います。

妥協したが理解した方がいい部分

  • RouteとIstio
    • RouteがIstioのリソースをいじってると思い込んでてGateway、VirtualService、DestinationRuleなど探したものの、Routeの変更が反映されたりはしていませんでした。Glooなど他のGatewayに差し替えれるにしてもRoute設定したときに何を変更しているのかなどは理解したいです。
  • Tekton
    • TektonでPipelineを作ってKnativeのサンプルをデプロイしようとしたもののできなかったのでその原因を調べ切りたいです。
  • CloudEvents
    • もっと追ってみると楽しそうでした。FaaSの課題、イベントドリブンなものを作るつもりで書いてたのにあまり触れられなかったのもイケてないです。
  • Eventingのリソース
    • brokerとfilterのdeployment、ラベルを消してもDeploymentを消しても何度でも蘇り消えなかったので実装追いたいです。
    • issueにさっきコメントついたので読む

仕様を覚えるだけで実現する仕組みを追わないのは、他のことを追い始めても先が見えてる気がするのでここは後手に回っても最終的に妥協しないようにしたい。

あと、この文脈は関係ないけど登壇依頼される程度に特定の分野に詳しいことが認知され、なおかつその分野の正しい見識を持っている状態になりたい。

フィードバック

登壇後にAsk the speakerで何人かにご質問いただいたり、お話ししたり、インターネッツから拾ったりしました。

Knativeの発表でこんなに色々話してるの聞いたのは初めてみたいな声はお世辞でも嬉しかったです。

  • K8s使い始めだとメリットが理解しづらかった
  • 実際どう?使ってる?メルペイでもサーバーレスワークロードって検討してる?
  • K8sクラスタでFaaSを使えるようにする意義は?
  • node affinityと両立するにはどうしたらいい?(?)
  • FaaSはわかるけどPaaS基盤を構築するってどういうこと?
  • いつGA?ロードマップでてる?
  • ブルーグリーンデプロイってK8sやIstioでもできると思うけどKnativeでやる意義は?
  • 隠蔽されることで調査しづらくなったりする部分ないか
  • K8sでできるけどKnative使うとできなくなることないか
  • (プラットフォーム的に現実的に選択できる)Cloud Runどう使うとよさそうか
  • Istio、Gloo以外にもAmbassador使えるのでは?
  • EventingのIstio依存ってもうないのでは?

自分のアウトプットに対してこういう声をもらうのが目的なので本当に嬉しいと思ったり、重要な視座をもたらしてくれる人はだいたい変わらないのでそういう人に直接話に行った方が強くなれるのでは?って思ったりしています。

特に最後の5つはいざ使うときに技術選定する大事なポイントだったり、自分が情報を追う上で見つけられなかった点だったりして深めていこうと思います。

その他も言われてみたらたしかに気になる点だと思うし、node affinityの件は問題を生じる状況を理解できていないところだったりします。

一番のフィードバックは業務で得られるはずですが、それに加えて行なっている個人的な活動なのでいただいた内容を糧に強くなっていこうと思います。

mercari.go #8で登壇してきました。振り返ります。

発表資料はこちらです。

登壇経緯

社内勉強会のGo Fridayに出れるときは出るようにしてるのですが、その勢いです。

勉強会後にSlackの分報部屋で10分くらいなら喋れるかもしれないって呟いたら回収していただきました。

テーマ選定

社内SlackにKnativeのアイコンを登録するなどしている割には何も実装を追ったことがなかったので追ってみることにしました。

KubernetesのコントローラーとKnative

Goで書いてるならまぁ読めるやろくらいの気持ちで臨みました。そしたら個々のコードの意味はなんとなく追えても全体像の見えなさがすごかったです。

Programming Kubernetes: Developing Cloud Native Applications

を読んでみると本番の2、3日前にようやく自分なりの整理の仕方が見えてきました。

「ライブラリとコード生成ツールとSDK」を区別し始めて次のようなポイントに落ち着きました。

kube-apiserverのライブラリclient-goの機能もProgramming Kubernetesや実装を追いながら

  • なぜ直接WatchやListを直接実行せずinformerを介するのか
  • インメモリキャッシュの実体は何か
  • Listとlisterの違いは何か
  • workqueueにエンキューされるのは何か

などを調べました。

この図には至ったものの、sample-controllerの方の図にあるFIFOキューとReflectorがknativeでは見つかってません。

もし無いならなぜ使わない判断をしたのか理解していません。

ちゃんと追いたいところです。

振り返り

Good

30分話しきった

何はともあれ話しきったのはよかったとしたいです。

Kubernetesのコントローラーへの興味が強まった

これまでKnative文脈ではどうしても概念の理解やKubernetes自体に必要な膨大な知識をキャッチアップするのに必死でした。

そこから具体的にどう実装されているのに踏み込むんだことでこれまでと違う視点が得られてよかったです。

CRDとコントローラーも言葉では知っているつもりになっていたものの、いざ追ってみると何一つわかってなくて高まりました。

準備期間がちょうど技術書典7の募集期間と被ったこともあり、Knativeを切り口としたコントローラーの話で応募することにしました。

Knativeの既刊もバージョンアップしたいのでバランスは難しいところですがやっていきです。

Goへの気持ちも高まった

今年前半のお仕事ではがっつり実装していたわけではなかったですが、最近は実装タスクの割合が高く、Goの一実装として学ぶことが多かったです。

  • 無限ループを安定して実行する
  • ゴルーチン、チャネル
  • 複雑なクライアントを組み立てる
  • コード生成
  • スレッドセーフなキュー
  • サーバーリクエストとキャッシュ機構

すぐにでも活かしたい部分があるので活かそうと思います。

Goを学び始めたきっかけの1つがサーバーレスなOSSへのコントリビューションなのでそちらもやっていきたいです。

練習

30分の発表でも事前に4回くらい通して読んで時間調整できたのはよかったです。

最初とりあえず30分読んでみたら16枚余ったので、その時点と比較するといい具合になったと思います。

Challenge

時間のやりくり

毎度イベント前に休んだりしてる気がしますが、今回は発表の週に1日丸々 + 2週間朝晩集中室に引きこもりました。あと土日。

強すぎる切迫感と集中を欠く割にダラダラ過ごした感もあるので、来月の登壇は進め方を工夫します。

集中することを決めるのに集中する。

そして焦っているときほどはやる気持ちを抑えて「25分集中して5分休む」のポモドーロのサイクルを徹底する。

一方で、今回も全体像を見通して集中することを決めようとはしていたものの、何に集中すべきかがよくわからず右往左往した時間が長かったです。それを見つけるために、行き詰まったら人に聞くとかやりようはあるかなと思いました。

会社にもコミュニティにも強い人類はたくさんいるので。

ライブソースコードリーディング

その場でやり切る意図がそこまでない(技術書典の話に繋げたい)にしろ、

  • もう少し大きく映す
  • ゆっくり進む

などやり方は工夫できたかなと思います。

フィードバック

自分で知りたいと思ったことが知れたのはいいとして今回の話を人が聞いてどう思ったんでしょう?

Goを冠した勉強会で話す内容として適切だったんでしょうか?

せっかく懇親会もあるので聞けばよかったですね。

まとめ

つぎは初のCFPを経たカンファレンスでの登壇。

  • 人に事前に2回聞いてもらい、軌道修正する
    • 今月中に目処を添えてお願いする
  • テーマである「解決する課題」を明確にして関係するユースケースを話す
    • デモとかするにしても何のためにやって何を見て欲しいかを明確にする
  • 漠然と機能や実装を追わず検証のゴールを先に決める
    • つぎの土日は項目出しのためにグダグダ調べていい
    • ただしその後は集中すべきことに集中する。やすみやすみ!

というわけでやっていき!!ぜひ遊びに来てください!

https://cloudnativedays.jp/cndt2019/

技術書典6、無事終了しましたね!関わられたすべてのみなさんお疲れ様でした。

つぎの出展に備えて振り返りたいと思います。

本の内容についてはこちらにまとめています。

技術書典6で『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』と既刊第2版を出展します #技術書典

手にとってくださった方はこちらのページで変更内容をお知らせしていくのでぜひ見てみてください。

早速修正がありますすいません…

『Knativeの歩き方 〜KubernetesからServerlessを訪ねて〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

謝辞

今回も単著と言いつつも妻に編集や表紙デザイン、サークルカット作成、入稿(本とダウンロードカード)をお願いしました。

初めてだらけの前回と比べると多少平和だった感はあるものの、4/8入稿に対して4/7の夜まで粘ってしまったので丁重に労わせていただく所存です。

執筆環境として、TechBoosterさんのTechBooster/ReVIEW-Template@atsushienoさんのatsushieno/vscode-language-reviewを今回も活用させていただきました。ありがとうございます!!

振り返り

Good

テーマ

こちらでも書きましたが、Kubernetesをある程度理解しないと先に進めないKnativeをテーマにしたことは仕事にも大いに役立ちました。

Serverless Meetup Tokyo #11 で「入門 Knative 〜KubernetesとServerlessとの出会い〜」を話してきました #serverlesstokyo

さらに、サーバーレスと謳っているとはいえ最初は愛しのLambdaには程遠く感じたKnativeも、愛しのLambdaに感じる愛しさの根源を見つめ直し、それをKubenretesの利用者に届けたい気持ちを感じとれたことは今後の検証の方向付けになりました。

CloudNative Days Tokyoでも「Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャ」というタイトルで発表させていただけることになったので進めていきます。

その検証の課程で『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』をよりよくしていきます。

具体的にはつぎのような内容の章を追加します。

  • Knativeのコンポーネントを組み合わせたユースケース
  • Knativeを使ったプロダクトを利用することで「開発者にとってより機能・サービスのユーザーに対する価値向上」に集中できるか
  • Knativeで作る俺たちのLambda

そして何より、普段の仕事で感じるような感じないような課題と自分の趣味の交点がこのあたりな気がするので楽しい!!楽しいよ!!!

わくわくする技術との出会いが何よりも大きな価値です。

って書いたら振り返りもう満足した。

BOOTH事前販売

技術書典5では本番後に販売を開始しましたが、今回は入稿日に販売を開始しました。

Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて(PDF、ePubセット版) #技術書典

前回そうしなかったのは「本来紙本を買ってくれるはずの人が紙本でなくBOOTHに流れ、紙本が売れ残るのがこわかったから」です。

BOOTHで事前に買ってくださる方は当日参加できない事情がある(別の用事がある、興味があるが会場が遠い)方のような気がしたのと、紙本売れ残るリスクそんなに感じなくなりました。

ABテストできるわけではないので何とも言えないですが、収益が目的ではないので告知タイミングで欲しいと思ってくださった方が当日を待たずその場で手に取れる方が幸せだと思うので今後もそうします。

うれしい感想

いただいた感想が嬉し過ぎて本当に書いてよかったなぁと思いました。

前書きに始まるKnativeを僕が書く必然性(僕が書くのにふさわしいとかそういう意味ではない)や、それぞれのコンポーネントのサンプルの登場させ方、順番、組み合わせ方。

中身としてはREADMEを超えるものにはなりませんでしたが、話の流れとして自然になるようにする部分にはこだわりました。

そういう部分や愛情が伝わったのは嬉しいです。

そしてKnativeを一緒にわいわいやる仲間が増えていくのは財産です。

本のタイトル

お気に入りです。

Serverless meetupを諦めなかったこと

去年のServerless ConfはLTやってみたい!と思っていたものの、技術書典5の準備と重なったり、それを発表できる形に整理する方法も思いつかずただただ指をくわえて見ていました。

今回は3月頭という技術書典1ヶ月前のタイミングでのServerless Meetup登壇を1つのマイルストーンとし、自分の認識もブラッシュアップしながら進めることができました。

Serverless Meetup Tokyo #11 で「入門 Knative 〜KubernetesとServerlessとの出会い〜」を話してきました #serverlesstokyo

継続して取り組みたい大きなテーマがあるときはアウトプットの場が分断されずいい感じに繋がるので継続したいです。

最新バージョンへの追従を諦めなかったこと

入稿数日前に0.4系から0.5系へのアップデートがリリースされ、1つのコンポーネントのアーキテクチャが大きく変更されました。

進捗も逼迫していたので迷ったのですが、開発に勢いがありどうせすぐ情報が古くなるなら可能な限り新しいものを届けたいと思い追従することにしました。

もし古いままだと、本を読みきったと思ってもまた別途新バージョンをキャッチアップする必要が生じやや二度手間感が生じます。

それよりは早くユースケースに進んでわいわいして欲しい。結果期限ギリギリになり妻には迷惑をかけてしまったので丁重にry

CloudNativeコミュニティの方々との交流

事前にテーマの近い人が知れる(そういう風に配置していただける)ことで事前にTwitterでいろんな方と交流できたのもよかったです。当日を迎えるのが楽しみになる要素の1つでした。

CloudNativeコミュニティやその勉強会、Meetupでもぼっちにならない…!ありがとう!!!

謎の試み

何に1000円を支払っていただくのか

前回比ページ数が減った上で同じ値段なの気が引けると思っていたこともあったのですが、そう考えるのはやめました。

検証された最新技術が本当に必要最低限の分だけまとまっていて、安心して気軽に入門できるのも1つの価値です。

当日実際手にとってみて、「この分量で1,000円かよ」って思われるなら別にそれでいいなぁと。

ソフトウェアをコードの行数で値付けする・しないと似たような話かもしれません。

あと僕は一度買ってくださった方には増補改訂版(電子)を無料で配布しています。

目の前にある紙に1,000円払ってくれと言ってるわけでもありません。

「紙を渡して1,000円を受け取る」しか見ないのは悲しいし、本質から遠いです。

Challenge

うやむやにしていること

期限あるものに間にあわせるにあたり妥協している部分があります。

たとえば、詳細は割愛する形でリンクだけのっけているようなものを全部完全理解しているわけではないし、公式のREADMEに書いてる仕様の実装全部追ってるわけでもありません。

今後ユースケース中心に見ていくにあたり、それが楽しくて疎かになりそうだが理解する時間を確保すべきだなぁと思う部分は個別に整理するなり、Knative本に唐突にコラムとして追加するなりしたいです。

  • Istio、Envoy、サービスメッシュ
  • IstioとKnative Serving(、Eventing)の関係
  • 実装としてのKnative
  • Kubernetesで特に弱いService周りの仕様、基礎事項
    • DNS、kube-dns
    • L4/L7
    • iptables
    • Ingress
    • kube-proxy
    • パブリッククラウドのLB
  • イベントドリブン、リアクティブなアーキテクチャ概論
  • 分散システムのアーキテクチャ

無限に学ぶことがあって楽しいですね。

実装面は5月の後半に少しGoにフォーカスした内容で30分くらいお話しすることが決まりつつあるのでいい流れです。

OGP画像

圧倒的失敗。せっかく作った本を視覚的に伝えるチャンスなのにもったいない。

OGP画像に最適なサイズと、これらを使えばキャッシュクリアできる知見を得たのでよかったです。

過去に投稿した分も更新されます。再投稿してもいいし、再投稿しなくてもいい。

https://cards-dev.twitter.com/validator
https://developers.facebook.com/tools/debug/og/object/

こういう感じに整理するのすごく見やすくていいなぁと思いました。何を頒布しているかわかりやすい。

コミュニケーションパス

何かあったら@toshi0607まで!みたいなのわざわざメンションしてコミュニケーションすることもないのかな。結構頻繁に「Knative」でTwitter検索してるのでだいたい拾えている気もする。

と考えていたところこんなツイートが!

ハッシュタグでゆるくつぶやいていただけたら拾いますくらいの方が楽に感じたり、何か言葉を投げかけてくれる人がいるかもって思いました。

ハッシュタグ作りやすいタイトルだと便利、しかしハッシュタグに最適化したタイトルつける必要もないみたいな姿勢でいけたらと思います。

みんなその辺どうしてるんやろうと思ってBOOTHのぞいたら完璧な方がいらっしゃって感動しました。

りあクト! TypeScriptで始めるつらくないReact開発 第2版

ハッシュタグ検索結果のURL貼っておくの正しいっぽいし、それに限らず親切な作りになっていて勉強になります。

会いに行けるアイドルならぬ、タイムライン上にいる著者をたくさん生み出した技術書典。

気軽に絡んで技術もふもふわいわい盛り上がりたいものです。

新刊の部数

数字の整理は後からしますが、Knative本の方は100部刷って完売が14時過ぎでした。

一方Lambda本は既刊の第2版で50部刷ったものの完売が終了直前。

Lambda本はちょうどいい具合だったと思うのですが、Knative本は150部刷ったらその分頒布できたのかわからないし、毎回テーマも異なるのでなんとも言えないですね。

ただ言えるのは、紙本が当日残ってもそれを必要としてくれる人に届ける手段はいろいろあるので、ちょっと余るだろうなぁくらい刷ってみるのも試してみようと思います。

金銭面では紙よりも電子で買っていただける方がよいかもしれませんが、自分は技術書はほぼ紙でしか読まないし、読もうと思ってくださった人が読みやすい形で手にしていただけるのが一番です。

査読

事前に募集したものの、その時メンションしてくださった方にすぐ返せず、いざというタイミングで探したらメンションはなくなっていました。

興味持ってくださる方は大切にしつつ、ゆるぼで集めるのは厳しく感じます。

紙本になる前に読んで欲しいケースもなったあとに本でほしいケースもどちらもあるので、目的を明確にしてお願いする形にすることにしました。

Knativeの動向

Cloud NextでCloud Run(Knativeを利用したプロダクト)が出たのは追い風になったと思うのですが、その追い風や発表直前のアップデートは頑張れば読めたかもしれなです。

発表前にBOOTHで販売を開始していたのはすごくよかったと思います。一方でこの点考慮できていれば紙本もうちょっと刷ろうと思っていた可能性が高いです。

今後

このとおりです。振り返りの「テーマ」と「うやむやにしていること」あたりをいい感じにやっていきたいと思っています。

  • Knativeのコンポーネントを組み合わせたユースケース
  • Knativeを使ったプロダクトを利用することで「開発者にとってより機能・サービスのユーザーに対する価値向上」に集中できるか
  • Knativeで作る俺たちのLambda
  • Knativeの実装
  • IstioとKnative Serving(、Eventing)の関係
  • 分散システムのアーキテクチャとKnative

めっちゃ楽しそう。楽しそう…!!!

数字の整理

売上

  • 本 + ダウンロードカード(PDF、ePub、MOBI): 1000円 × 100部(Knative) + 1000円 * 50部 = 150,000円
  • ダウンロードカード: 1000円 × 16枚 = 16,000円
  • BOOTH販売(PDF、ePub。MOBIは希望者に送付、Knative本を公開した4/8〜この記事を書いている4/20まで): 1000円 × 40部(Knative) + 1000円 × 11部(Lambda本) = 51,000円

-> 217,000円

きっとBOOTHはまだまだ伸びる…!BOOTHでのそう販売数は累計113部(Knative: 40部、Lambda: 73部)です。

かんたん後払いは 81/166(100 + 50 + 16)でした。半分くらい!

41/124で3割くらいだったので普及が進んでますね。あれだけ混んでても2、3件ちょっとアプリUI更新遅れたくらいで不自由をほぼ感じず、管理する側も便利でした!

原価

紙本印刷費(日光企画さん): 23,600円(Knative) + 21,890円(Lambda) = 45,490円
ダウンロードカード印刷費(プリスタさん): 1,700円(Knative)
技術書典参加費: 7,000円

-> 54,190円

Lambda分は前回とQRコード変えてないので残り分をそのまま利用、小物も追加なしです。

執筆関連の人の稼働という観点では、技術書典なくても検証するしまとめもするので皆無です。

表紙やダウンロードカード、サークルカットのデザインは妻がやってくれましたが、仕事として他の方に依頼するとけっこうかかる気がします。

大丈夫そう!

被チェック数

雑に貼ります。前回は最高127だったので前回よりは手にとっていただけそうな雰囲気はあるものの、当日ブースまでたどり着いて見つけていただくまでには混み具合なども影響すると思います。

あと複数頒布するとどちらにどの程度興味をもっていただけてそうなのかがわかりません。

来場者数も増えて母数増えたのかなとも思ったのですが、入場者数自体は前回と大差なさそうでした。

前回参加者10340人、今回10260人、運営や出展者込み。

  • 20190319 2227 16
  • 20190320 2353 18
  • 20190322 1530 24
  • 20190323 1850 25
  • 20190324 1925 26
  • 20190325 1904 29
  • 20190326 2227 31
  • 20190327 2121 34
  • 20190328 1819 34
  • 20190329 1100 35
  • 20190330 0931 36
  • 20190331 1038 38
  • 20190401 1224 39
  • 20190402 2245 42
  • 20190403 0853 42
  • 20190404 1022 47
  • 20190405 2054 48
  • 20190406 2139 50
  • 20190407 2211 56
  • 20190408 1842 57
  • 20190409 0826 66
  • 20190410 2128 82
  • 20190411 2358 96
  • 20190412 1357 104
  • 20190413 1931 138
  • 20190414 0836 185
  • 20190414 1400 207

技術書典5の数字はこちら

まとめ

技術書典好き!!!

このページでは『Knativeの歩き方 〜KubernetesからServerlessを訪ねて〜』の正誤表と増補・改訂をお知らせします。

この本を手にとってくださった方がちょっとでも選んでよかったと思う本に育てていきたいので、章の追加なども楽しみにしていてください。

引き続きフィードバックお待ちしてます!@toshi0607

更新情報や新刊情報もこのアカウントでつぶやきます。

正誤表

ダウンロードカード経由の方は

PDFページ PDF、ePub、MOBI版反映 修正日 version
25、37 istio-system –output ‘jsonpath={.status.loadBalancer.ingress[0].ip’)} istio-system –output ‘jsonpath={.status.loadBalancer.ingress[0].ip}’) done done done | 20190418 | v1.0.1

増補・改訂

PDFページ 内容 PDF、ePub、MOBI版反映 修正日 version
p7、p31 Build廃止の旨追記 done 2019/9/17 v2.0.0
p9 BuildがTektonに引き継がれた経緯コラム done 2019/9/17 v2.0.0
p10 GCPでのクラスタ構築手順更新 done 2019/9/17 v2.0.0
p20 Knativeインストール手順更新 done 2019/9/17 v2.0.0
p45 7章Knative のユースケース新設 done 2019/9/17 v2.0.0

リソース

4/14(土)開催の技術書典6で2冊出展します!

カエルと空というサークル名で場所は「う46」です。ぜひ遊びに来てください!

興味を持っていただけた方はサークルのチェックリストに登録しておいていただけると助かります。今後の印刷数の参考にします。

『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』

今回の新刊はKnativeについてです。KnativeはKubernetes上でサーバーレスなワークロードを実現するためのパーツ群です。

昨年9月に現職に転職してKubernetesを触り始めたことや、AWS LambdaをはじめとするFaaSやサーバーレスアーキテクチャに興味があり調べてみることにしました。

より詳細な動機はSeverless MeetupでKnativeの話をする機会をいただいた際にまとめています。

Serverless Meetup Tokyo #11 で「入門 Knative 〜KubernetesとServerlessとの出会い〜」を話してきました #serverlesstokyo

自分の大好きなLambdaを実装するための仕組みを学ぶのはとても面白く、今後も検証を続けていく予定です。増補・改定も伴うはず。

今回の本ではKnativeを構成するコンポーネントであるServing、Build、Eventingをサンプルを触りながら基本的な仕組みを理解できるように(自分が理解したい)という思いで書きました。

Knativeは鋭意開発中のため、入稿4日前にガラッと仕様が変わったのに気づいて慌てて一から勉強みたいなのも乗り越えてここまでやってきました。まさしく愛憎劇です。

Kubernetes上に成立つ仕組みなので、最低限Kubernetesの特徴として知っておきたいこともまとめています。

GKEを触りながらぜひKnativeの世界に入門してください!

本の名前はこんな気持ちでつけました。

ついでにこれは愛猫ふわふわくんの様子です。

目次です。

第1章 Knativeの概要
1.1 Knativeの構成要素
1.2 Serving
1.3 Build
1.4 Eventing

第2章 Kubernetes環境の準備

第3章 KubernetesとKnativeの関係
3.1 Kubernetesの基本的思想
3.2 Kubernetesのオートスケール
3.3 Kubernetesの拡張機能

第4章 Knative Serving
4.1 Knativeのインストール
4.1.1 Istioの設定
4.1.2 Knativeの設定
4.2 Configuration
4.3 Revison
4.4 Routes
4.5 Service
4.6 オートスケールの仕組み

第5章 Knative Build
5.1 Build
5.2 BuildTemplate
5.3 Servingと組み合わせる

第6章 Knative Eventing
6.1 Sources
6.2 BrokerとTrigger
6.3 ChannelとSubscription

お値段は前回に引き続きこんな感じです。

  • 最初の100冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとはダウンロードカード: 1000円

実はすでにBOOTHで購入できる状態になっています。

https://toshi0607.booth.pm/items/1309468

当日会場に来れない方や今すぐに読みたい方、お待ちしてます!

『Goで学ぶAWS Lambda 第2版』

技術書典5で出展した既刊の第2版も50部持っていきます。

初版ではS3へのアップロードやログの確認でGUIに移動していましたが、諸々の準備によりコマンドで完結できるようになりましたw

更に、新刊に合わせて表紙も新しくなっています。嫁氏デザイン!

お値段は前回に引き続きこんな感じです。

  • 最初の50冊は紙本 + ダウンロードカード: 1000円
  • あとはダウンロードカード: 1000円

お陰様で商業版を出版したり、こちらもすでに第2版がBOOTHで購入できる状態になっています。

https://booth.pm/ja/items/1034858

GoとSAMで学ぶAWS Lambda

技術書典5で『Goで学ぶAWS Lambda』を出展します #技術書典

お願い

技術書を書くのは技術を身につけるためです。もし『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』か『Goで学ぶAWS Lambda 第2版』を読んでフィードバックをくださるか宣伝(TwitterでBOOTHのリンク流してくださる程度で大丈夫です)していただける方がいらっしゃれば差し上げます。

ぜひお声がけください。

Serverless Meetup Tokyo #11お疲れ様でした!久々に登壇したのと、Serverless Meetupには勝手ながら思い入れがあるので振り返ります。

発表資料はこちらです。

登壇経緯

Serverless Frameworkのコアメンテナをやっている@horike37さんにお声がけいただいたのがきっかけでした。

Cloud FunctionsがGoをサポートしたのをきっかけに、サンプルを書いたり、それをテンプレートをServerless Frameworkに追加するPRを出したりしていました。

その辺を踏まえ、GCPのサーバーレス周りで話せることないか?と。(1月末)

ちょうど1月頭に(Kubernetesすら何もわからん状態だったけど)Knativeについて4月の技術書典6で書く予定だったのでKnativeの話させてください!!!と、申し出たらOKをいただきました。

テーマ選定

技術書典6含め、なぜKnativeについて調べようと思ったかにはいくつか理由があります。

みんな大好きLambda奴を自分で実装できるっぽい

AWS Lambdaが好きで技術書典5のテーマはまさしくGoで学ぶAWS Lambdaでした。

ユースケース的にまだまだ実装してないこともある一方で、サービスとしてどう実装されているかが気になったタイミングで登場したのがCustom AWS Lambda Runtimesでした。

これもしかして実装もわかるのでは?という期待を胸にすでにサポートされているGoで実装してみたものの、実態はランタイムのAPIクライアント奴でした。実装しなくても仕様ドキュメント見ればわかる。

そのとき書いた記事は鳴かず飛ばず感すごかったけど、今まで自分が書いた記事の中で一番好きです。

時は突然2018年の10月末のGCPUG Shonan vol.32 feat. Serverless & Knativeに遡ります。

ここでKnativeに出会いました。ようわからんけどk8sでサーバーレスできるんやーっていう印象はあったのと、k8s含め実装は公開されているので深めるにはもってこいというのとで調べてみることにしました。

Kubernetes詳しくならざるを得ない状況を作れる

Knative調べるぞ!みたいなモチベーションがあってもk8sの上に乗るものだし、トラフィックコントロール関連でIstioへの依存もあります。

仕事でGKE + gRPC + Goなマイクロサービス開発・運用していながらk8sちんぷんかんぷんでその上に(k8sはいったん忘れて)Knativeを調べるのは筋も効率もよくありません。

そういうわけでKnativeを進める前にk8sも調べる(基準曖昧)ことにしました。

登壇準備

Kubernetes

1月半ばから2月半ばまではk8s期間として本やソースコード読みました。

この本が最高で、仕事でk8s関連の知見をまとめる際にも秩序が生まれ始めました。(自分比)

Kubernetes完全ガイド

k8s source code reading #1に行ってみると上の本書いた人がいたり、k8sとKnativeの関係がわかったりしてよかったです。

それに関連し、k8sにしてもKnativeにしても、宣言的理想状態定義と、現在の状態と理想状態を調整するコントローラーの仕組みの理解は必須な中、よい記事を社の人に教えてもらえたのもよい出会いでした。

感極まって全訳PRを出しました。

Knative

2月前半に上のKuneretes本を読み終わり、Knativeのハンズオン、ドキュメント、記事などを漁りました。

よかったものは登壇資料の付録にまとめてます。

2月半ばにPivotalさんからKnative本が出たのは大きかったです。

3/2(土)、3(日)で資料準備を終えるはずが終わらず、3/5(火)に休みをとって仕上げました。

RAKU SPA 1010 神田のコワーキングスペースで資料終わらせて整えるかーと思い行ったまではよかったのですが、先に整えてしまい、しばらく薪を眺めるという失敗をおかしました。

先にやることやってから整えような!

突然のtips

準備の過程で海外カンファレンスのCFPにプロポーザルを出す気持ちを高めたり、CloudNative Days Tokyo 2019のCFPにプロポーザルを出したりしました。

CloudNative Days Tokyoは今選考中なので、もし興味ある方はいいねとリツイートで応援していただけると嬉しいです!

技術書典後の活動に大きく関わります。

登壇内容

特にKnativeの各コンポーネントについては口で補ったので資料だけではわかりづらい部分もあるとは思います。技術的な部分は技術書典6の本で書けたらいいなぁと思います。

Serverlessとは何か、KnativeのいうServerlessとは何か、みたいな話はせずKnativeが解決してくれることみたいな部分にフォーカスしたいという思いがあっての今回の構成です。

ただ、今回の構成でもKnativeが解決すると書いてることを厳密に区別すると、

  • KubernetesでもできなくはないけどKnativeでより便利になること
  • Kubernetes + CI/CDで実現できるけどKnativeでもっとKubernetes nativeに実現できること
  • Knativeで初めて実現できること
  • Knativeが拡張するIstioの機能

とかごっちゃになってる気がするんですが、そこには目をつむりました。

これから検証したり、実装を追ったりする人にとって大枠が掴めるものになればいいなぁと。

Kubernetesとの関係性にも入り込まず付録でCRD、Operatorにちょっと触れる程度にしましたが、技術書典6の方ではその辺ももう少しだけ書こうと思っています。

Severless Meetupへの思い

いつかSeverless Meetupで登壇したいなぁという思いがありました。

ServerlessConf Tokyo 2017に参加して心踊らせたり、前職でLambdaを本番導入したりしていた中での1つの目標です。

それ以来本や記事書いたり、ServerlessConf Tokyo 2018にも参加したり、Serverlessconf Tokyo 2018 Contributor DayでServerless Frameworkに初めてコントリビューションしたりの流れの中で実現できたことなので感慨深いものがあります。

ServerlessDaysも何か話したりハンズオン担当したり(?)、海外でも登壇できたらなぁと思っています。

どちらかというと登壇そのものというよりは、人に話したくなったり、話してフィードバックもらいたくなるような好きな技術に常に触れていられたら幸せという気持ちの方が強いです。

そういうハンズオンやContributor Dayも含め、好きになる可能性のある技術に触れたり、どっかの誰かがなんか言ってる技術が自分の身近な課題を解決できるものと感じられるようになる場を作るというのにも興味を持ち始めました。

自分の技術力や思いありきな前提で、これはこれで知見がいりそうですね。

振り返り

Good

社内公開とフィードバック獲得

社内のしかるべきと思われるチャンネルに貼ったらフィードバックや、どういう観点で検証したら社にとってもプラスになりそうかという示唆が得られてよかったです。

Eventとプロバイダー間の一貫性あたりはこの辺参考に考えるとよいとのことでした。

Designing Distributed Systems: Patterns and Paradigms for Scalable, Reliable Services
(8. Functions and Event-Driven Processing)

1アウトプットにかける時間と粒度大きいのが増える一方で、小さめのもの(Qiitaで記事書くとかサンプルコード書くとか)が減ってる + 両立できないものでもないと思うので動き見せられたらなぁと思います。

完成する前に声に出して読む

最初Eventingを書いたところで16分くらいだろう(持ち時間は20分)と思って読んだら12分くらいだったので、完成に向けて進めるのに加えて時間収まらなさそうだから書かんでいいやって思ったのを足したらちょうどいいくらいになりました。

当日は付録の後半飛ばして20分30秒(付録飛ばせたけどイベント全体けっこう巻いてたので後半だけ飛ばした)。

Spaeker Deckに上げる(PDFにする)前提で変な作り方してるところがある分枚数多く見える(が実際1枚ページ送るだけ)部分があるのでそこはいい感じにつじつまが合うようにしたいものです。

Spaeker Deckで見たらURLクリックで飛べない(?)し、作るのはGoogleスライドだしで、もはやSpaeker Deckに上げずにGoogleスライドのURL公開すればいいのではって思いながらいくつもの季節が過ぎました。

(スライド全体が完成してから練習するのは大前提として)

Challgende

スライドのURL汚い

Speaker DeckのURL生成ルール的に原則タイトルベースで、それっぽく変えたいときはスラッシュの後ろに書く、みたいなの知ってる人増えてるはず。

こんな感じ。
入門 Knative 〜KubernetesとServerlessとの出会い〜 / getting started with knative

が、失敗してこうなりました。

h ttps://speakerdeck.com/toshi0607/getting-started-with-knative-90ff6190-1251-4b7b-ada9-bbba5a8ca4b8

一度
https://speakerdeck.com/toshi0607/getting-started-with-knative
で生成されたものの、PDFをアップロードした後にスライド処理が進まず、いったん削除して上げ直したら区別奴がついてしまいました。

結局時間がかかっても処理されるので放置するか、潔く別のURLになるように変えたりの方が意図通りのURLで公開できそうでした。

少なくとも発表ちょっと前にバタバタしながらアップロードするのやめよう。

検証少ない

去年の登壇では手を動かして作ったものについて発表をすることにこだわっていたものの、今回の発表に向けて手を動かしたのはハンズオンくらいでした。

発表までに残されていた時間と発表内容的に対して最適な手段だったとは思うものの、検証時間比率は増やします。

本出すにあたってはコードよりも原稿書かないとですが…両立できないものでもない。

まとめ

色々な思いが詰まったイベントを迎え、無事過ごすことができてよかったです。

技術書典6に向け原稿進めます。