技術書典10の『Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜実践編〜』の振り返り #技術書典

0 Shares

技術書典10に関わられたすべてのみなさんお疲れ様でした。


つぎの出展に備えて振り返りたいと思います。

出展した本の内容についてはこちらにまとめています。

技術書典10で新刊『Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜実践編〜』を含む6冊+αを出展します #技術書典

技術書典オンラインマーケットでも、BOOTHでも引き続き販売中です!

手にとってくださった方は、こちらのページで変更内容をお知らせしていくのでぜひ見てみてください。

『Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜実践編〜』

『Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜実践編〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜基礎編〜』

『Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜基礎編〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『KnativeとIngress Gateway』

『KnativeとIngress Gateway 〜Ambassador、Contour、Gloo、Kourier、Istioの比較〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Knativeソースコードリーディング入門』

『Knativeソースコードリーディング入門 〜Knativeで学ぶKubernetesのカスタムリソースとカスタムコントローラー〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Knativeの歩き方』

『Knativeの歩き方 〜KubernetesからServerlessを訪ねて〜』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

『Goで学ぶAWS Lambda』

『Goで学ぶAWS Lambda』の正誤表と増補改訂情報 #技術書典

振り返り

Good

諦めなさ

技術書典10が発表されたのが10月28日。今年の2月くらいだろうと油断していたところ、12月26日まで2ヶ月弱しかありませんでした。

去年3回目の技術書典(= 締切)だったことや、12月に入っても検証が終わらなかったことで何度か折れそうになりました。それでも、実践編はいつ出るのか何人か問い合わせていただいたこともあり、なんとか間に合わせられました。

実践

仕事で得た知見を最大限活かせたと思います。資産として、会社のメンバーに対するオンボーディングに活かそうと思います。

表紙絵

妻に大感謝です。ついでに、ツイッターのアイコンも新しく作ってもらいました。

Challenge

改訂版

すでにいくつか指摘をいただいているので、改訂版を出そうと思います。コマンド間違いの訂正や、説明補足、Terraformのバージョンアップなどです。

ネットワークまわりで、デフォルトのVPCでなくShared VPCを利用するのもあったほうがいいかなぁとは思います。

紙本

前回の振り返りでも、紙本を検討しようとしていました。しかし、まったく時間がなかったので手つかずでした。

次回出展するとしたら、GCP Terraform本を改定するのと、基礎編と実践編を合わせたバージョンを出したいと思っています。

需要を調べ、もしあるようなら紙本を出します。

Zenn

基礎編と実践編を合わせたバージョンを作る段階で、Zennでも出そうと思います。ブラウザで全部読めると楽なのかもしれません。

数字の整理

売上

技術書典オンラインマーケット

12/26〜1/7分

  • Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜実践編〜: 46冊
  • Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜基礎編〜: 6冊
  • JavaScriptとSEO: 2冊
  • KnativeとIngress Gateway 第2版: 1冊
  • Knativeソースコードリーディング入門: 1冊
  • Knativeの歩き方 第2版: 2冊
  • Goで学ぶAWS Lambda 第2版: 4冊

1000円 × 60冊 + 500円 × 2冊 = 61,000円

BOOTH

12/26〜1/7分

  • Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜実践編〜: 20冊
  • Google Cloud Platformで学ぶTerraform 〜基礎編〜: 6冊
  • JavaScriptとSEO: 0冊
  • KnativeとIngress Gateway 第2版: 2冊
  • Knativeソースコードリーディング入門: 2冊
  • Knativeの歩き方 第2版: 4冊
  • Goで学ぶAWS Lambda 第2版: 6冊

1000円 × 40冊 = 40,000円

原価

過去分

前回の売上は、リモートワークに不可欠ないすと、実践編の前提になったProfessional Data Engineerの受験費用と、『Official Google Cloud Certified Professional Data Engineer Study Guide』の購入費用に充てました。

今回は妻用のいすを購入しようと思います。

0 Shares

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です