2021年7〜9月ふりかえりと10〜12月OKR 〜ネットワークとマイクロサービス化〜

0 Shares

四半期ごとの個人OKR振り返りです。


2021年7〜9月は、ジョージア工科大学大学院のコンピューターサイエンスコースの出願期限が伸びたのを受け、後悔ない状態で出願するのが目標でした。

振り返り対象の個人OKRはこの記事2021年4〜6月ふりかえりと7〜9月OKR 〜大学院出願2と夏休み〜で立てています。

OKRの振り返り

Objective Georgia Tech OMSCSに出願する

Key Result 1 【できた】

Build a Modern Computer from First Principles: Nand to Tetrisの修了

それぞれ無事終了しました。

Part 1では論理ゲートにはじまり、加算器、ALU、RAM、CPUを作り、Part 2ではJavaをめちゃくちゃ簡略化した言語Jackを題材に、それをVMコードに変換するcompiler、VMコードをアセンブリ言語に変換するVM translator、JackでOS機能をいじるライブラリを書くという内容を扱っていました。Jackでミニゲームを開発するのも含まれていて、入門にはうってつけでした。

この本の翻訳元がテキスト(授業も作者同じ)なのでご存じの方も多いかもしれません。

コンピュータシステムの理論と実装 ―モダンなコンピュータの作り方

積んでいるこっちもやろうと思います。

Go言語でつくるインタプリタ

Key Result 2 【できた】

出願書類を仕上げる

締切の8/10よりも少し早めの7/24に出願を終えました。

合否結果はメールで10/15までに順次届くそうです。ただ、当初8/31までに開始される予定だったのが9/22に延期(実際にはじまったのは9/16)されたり、Redditを眺める限りけっこうな割合が待ってそうです。受かったらめでたいし、だめならCSのオンライン授業を積みまして3月に再挑戦するだけなので、気にしすぎず気長に待つことにします。

ログ

OKRとしては追ってないものの、記録しておきたいことのコーナーです。

ゲーム

ゼルダのスカイウォードソードを終えました。ブレスオブザワイルドからゼルダをはじめた勢としてどんな感じになるかなぁ…と思っていましたが、ゼルダシリーズの系譜の原点としてクリアしたら寂しくなる程度に楽しかったです。マスターソードとの出会い特によかった。

新刊発売が楽しみな本が増えて本当によかったです。

何書いてるかさっぱりわかりませんでした。

Twitter的なフィードやWebクローラー、チャットなどの典型的なシステムを要件に合わせいかにスケールするように設計するべきかを学べる本。典型チューニンポイントや代表的アルゴリズム、事例文献へリンクも豊富でかなり面白かったです。具体的なクラウド、言語、ライブラリなどでどう実現できるかを考えるとなお面白いです。

Linuxの基礎があるか?と言われてLinuxの基礎がなにかわからなかったので読んで見ました。自分の「シェルスクリプトが書けない」は個々のコマンドもそうですが、Linuxの基礎を学んだことがないというのも多く含んでいることがわかったのでよかったです。

「ネットワーク系をがっつり見ているわけではないが、インフラを見る上でネットワークは不可避。しかし、目の前の小さなタスク単体ではなかなか知識・経験が積み重なっていく感じがしない」という問題意識があり入門することにしました。体系的、分量少なめ、図多めはなかなかなじめない分野にうってつけでした。

LinuxのNetwork NamespaceをつかってTCP/IPを学ぶというコンセプトでめちゃくちゃよかったです。OSI参照モデルやTCP/IPの図で各層の役割を説明されるだけでははかなか頭に残りませんでしたが、ip、tcpdump、iptables、ping、dig、ncなどを叩きながら説明されるとだいぶ実感がわきました。

Audibleでどこまで洋技術書頭に残るか試しています。

みんなやっとるな!

初版との差分のみ読みました。

アニメ

リモートワークになってから幼稚園ぶりにみはじめた勇者シリーズも、残すところ勇者指令ダグオンのみになりました。中でも一番好きだったマイトガインは、変形・合体ロボット好きの原点なので心揺さぶられるものがあります。中古DVDも高騰している作品しか残っていなかったり、prime videoにない作品が見たかったりでバンダイチャンネルを契約しました。

雑談1on1

楽しかったので継続したいです。

これまで取り組んだ個人OKR一覧とMeetyでの1on1

あまり肩肘はりたくないものの、コーチング系の本を読んだらどうなるか試してみたいです。

新 コーチングが人を活かす

大学院やサウナなど、順次トピックを増やしていこうと思っています。

英語

短期戦モード(TOEFLで大学院出願に必要なスコアを確保する)から長期戦モードになったので、1日にやることを決めて継続しています。

  • ELSA Speak: 発音矯正自体よりも、正しい発音を知り耳をよくする
  • Mikan: TOEFL 3800英単語を朝・夜に100単語ずつ復習継続
  • Podcast: Scientific AmericanのシャドーイングとNHK Worldを寝る前に聴く

アクティビティ

精神的にけっこう参ってしまったので、2回目のワクチンを終えてしばらくから自然に触れるようにしてました。あとマリトッツォけっこう食べました。

今後の話

Objective 1

プラットフォームインフラ未学習分野の底上げとベストプラクティスの実装修行

KR2を重視し、KR3は次四半期も継続する前提。

Key Result 1

Kubernetesのセキュリティまわりの業務比率高めなので概観する。

昨年買ったCKSの受験期限が12月上旬というのが大きいです。

Key Result 2

ネットワーク関連の話題が頭に残るようになってきたので、GCP上でのネットワーク関連実務とアプリケーションレイヤーでの見え方を意識しつつ概観する。

Key Result 3

組織としての知見はあるが、自身の経験が薄い部分のチャンスをものにする。

  • 技術書典12(2022年1月22〜30日)の新刊章立て、検証(Cloud Run + マイクロサービス)

Objective 2

持続可能な感じの人生にする

Key Result 1

旅をする(やってみたいことリストより)

  • ミラコスタ泊まる
  • 石川でのどぐろ食べる
  • ume, yamazoe泊まる

ミラコスタは1つの夢なので、お金払って叶う夢は時期を定めて叶えていきたいです。

石川はふるさと納税の宿の期限を1年伸ばしてもらっているのでそろそろいこうと思います。

ume, yamazoeはクラウドファンディングのチケットの期限切れてる気がするけれど果たして…

Key Result 2

ジョギングか散歩の再開

有酸素運動の習慣がないと厳しそうです。

Key Result 3

お楽しみコンテンツ

ゼルダ35周年ということでマリオの3Dコレクションのように、過去3作品コレクションがSwitchで出ると思っていました。なんとそうではなく、Switchオンラインで64系ソフトも楽しめるようになるとのことで課金していこうと思います。ムジュラの仮面も追加されるとのこと。僕は64買ってもらえなかった勢なので思い入れはないですが、ゼルダファンの時のオカリナとムジュラの仮面への強い思いはひしひしと感じるのでとても楽しみです。

0 Shares

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です